花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 123話 ラジオのおばさん誕生 花子がラジオに初出演

11


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 123話 ラジオのおばさん誕生


ラジオが好だった歩の事を思って
引き受ける事にした花子。

1

へとへとになって花子が帰宅すると
英治が最新型のラジオを購入して
近所の子供たちと待っていました。

2

一方、修羅場になるかと思われた宮本家でしたが
雪乃は蓮子の女性の権利を主張する記事に
心を打たれて吉原の郭を逃げてきたと話します。

3

事情を聞いた蓮子と龍一は雪乃を匿い
自由になれる様に協力するのでした。

4

ラジオ初出演当日、緊張する花子に
英治はお守りとして歩の写真を渡して
歩に新しいお話をするつもりで
臨んでみてはとアドバイス。

5

しかし、あらかじめ依頼されていた
帝国議会のニュースの他に急遽
動物園のニュースも読んで欲しいと
原稿を渡されるのでした。

6

1人部屋に残った花子は歩の写真を見つめると
子供たちに分かりやすくニュースを
伝えたい思いで原稿を修正して
黒沢に読ませて欲しいと掛け合います。

7

一方、かよのタイムや甲府の徳丸家
村岡家では面々がラジオの前に集まって
花子のラジオ放送を待っていました。

8

原稿の修正も無事に許可がもらえ
「コドモの新聞」が放送されると
花子は無事にニュースを伝えます。

9

安堵の表情を浮かべた花子の前に
歩が現れると花子は歩のおかげで
何とかお話する事ができたと
お礼を言って涙ぐむのでした・・・

10

花子とアン 感想 123話 ラジオのおばさん誕生


雪乃の件はやっぱりという感じで
龍一の浮気ではなくて一安心。

一方、当日に新たに原稿渡されて
焦りの色が見える花子でしたが
とっさの機転で原稿を子供向けに修正。

自分の言葉で伝えた方が話しやすいし
話し言葉の方が子供は理解しやすいと思うので
良いアイデアだと思って視聴しましたw

以上、花子とアンの123話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ