花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 120話 海にかかる虹 吉太郎が醍醐に求婚

11


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 120話 海にかかる虹


歩が大好きだった王子と乞食が
「世界家庭文学全集」に収載されました。

1

花子は気持ちを新たに日本中の子供たちに
物語を届ける決意をします。

2

一方、いつの間にか醍醐と吉太郎が
いい感じの仲になっておりタイムで待ち合わせ。

3

かよの心配をよそに2人は歩が生きていた時に
醍醐が作ってきた弁当の話で盛り上がります。

4

そんな折、龍一がまた演劇を始めたと
浪子が原稿を持って蓮子に知らせます。

5

村岡家では蓮子に龍一、かよに醍醐
何故か甲府から武も駆けつけて
「愛の革命」という台本を読んでいました。

6

そこに、花子に呼ばれた吉太郎がやって来て
醍醐が主役のお芝居が始まります。

7

武が醍醐にプロポーズして醍醐が承諾すると
面々は醍醐と武が結婚してもいいのかと
醍醐の事が好きなはずだと吉太郎に迫ります。

8

台本に書いてないセリフを話したり
棒読みだったりと酷いお芝居でしたが
吉太郎は醍醐が武と結婚して
幸せなるなら良いと話します。

9

すると、醍醐がお芝居だったと白状して
吉太郎が思いを告げてくれないからと言って
自分が好きなのは吉太郎だと告白しますが
吉太郎はプロポーズを断ります。

10

ショックで村岡家を飛び出した
醍醐を吉太郎が追いかけると
女性に言わせるのは自分の性分じゃないと
改めて醍醐に求婚します。

11

しかし、憲兵という立場上
独断で結婚できないと告げると
醍醐はいつまでも待つと答えるのでした。

12

花子とアン 感想 120話 海にかかる虹


今日は久しぶりのコント展開で面白かった。

醍醐の事が好きな武も協力して
吉太郎に醍醐が好きだと
認識させようと企む面々。

ダメダメすぎるお芝居なのに
疑ってない吉太郎がシュールで
思わず醍醐から告白する展開が
いい感じでしたよw

以上、花子とアンの120話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ