花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 116話 あゆむが病気 赤痢で亡くなる?

11


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 116話 海にかかる虹


急な翻訳の仕事が入った花子でしたが
歩と海水浴へ行く約束を守るべく
前日も夜遅くまで翻訳を頑張ります。

1

しかし、花子は途中で寝てしまい
翻訳の仕事は終わらないのでした。

2

花子は英治たちと海水浴に行って欲しいと
約束を守れなかった事を歩に謝りますが
歩は花子と一緒じゃないと行かないと
言う事を聞きません。

3

花子が翻訳の仕事を急いでいると
なんと歩が英英辞典に落書きをします。

4

本気で怒る花子でしたが
海に行くって約束したのにと
反抗する歩なのでした。

5

そこへ、吉太郎が遊びに来て
歩をなだめると一緒に何かを作り始めます。

6

吉太郎は歩に仕事より遊んでくれる
花子の方が良いかと聞いてみると
意外な答えが返ってきました。

7

神様と雲の上からお母ちゃまを見つけた。
お母ちゃまは英語の本を読んだり
紙にお話を書いたり忙しそうだった。
でも楽しそうだったから神様に
あの女の人のところに行きたいと頼んだと・・・

8

海水浴に行けなかった事を謝る花子と
英英辞典に落書きをした事を謝る歩。
吉太郎と作っていたのは鉱石ラジオでした。

9

その日から歩はラジオごっこに夢中で
花子たちを楽しませるのでした。

10

しかし、ある雨の日
歩は熱があるかもしれないと
花子に訴えると倒れてしまいます・・・

11

花子とアン 感想 116話 海にかかる虹


約束を守らなかった花子に怒って
英英辞典に落書きをする歩。

自分が花子選んで生まれてきたと
またもや神童ぶりを発揮する歩。

吉太郎と一緒に作った鉱石ラジオで
ラジオごっこを楽しむ歩。

やんちゃだが花子の事が大好きな歩の事が
よく分かるエピソードで良かったですが
光熱を出した歩が心配ですね・・・

以上、花子とアンの116話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ