花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 109話 春の贈りもの 宇田川が結婚w

11


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 109話 春の贈りもの


関東大震災から半年が経ち
英治は工事現場で働いていました。

1

しかし、慣れない仕事の為か
英治は足場から落ちてしまい
捻挫してしまうのでした。

2

震災で村岡印刷は全壊してしまい
銀行からも融資を受けられず
村岡印刷の再建のため
仕事を選んでいられないと
頑張る英治なのですが・・・

3

震災で家を失ったかよは
村岡家で居候しながら
食堂で働いていました。

4

一方、駆け落ち事件から2年半が経ち
蓮子は平民として生活していましたが
家事に不慣れな蓮子に対して
龍一の母親は不満が募ります。

5

そんな折、花子の元に仕事を斡旋して欲しいと
依頼していた宇田川から返事が届きましたが
震災の時に自分を救ってくれた人と
結婚して仕事をしていないらしく
仕事を紹介してもらえないのでした。

6

かよと入れ替わりで梶原が村岡家を訪ね
花子に翻訳の仕事を持って来ます。

7

震災で聡文堂も焼け落ちてしまい梶原は
古巣の出版社でいち編集者として働いており
花子が翻訳した王子と乞食の単行本化も
宙に浮いた状態なのでした。

8

梶原と話をした花子は帰ってきた英治に
再建する村岡印刷は出版社も兼ねた
会社にしたいと夢を語りますが・・・

9

一方、夜は屋台で働き始めたかよの元に
蓮子が家出してきたと訪ねてくるのでした。

10

花子とアン 感想 109話 春の贈りもの


村岡印刷を再建するために
頑張る花子と英治ですが前途多難の様子で
どの様に再建するのか見所ですね。

一方、蓮子は家事が苦手という事で
姑との関係もよろしくなく
こちらも展開が楽しみです。

郁弥との思いを断ち切らんと
昼も夜も働くかよですが
屋台で働いていると蓮子が訪ねてきて
かよに姑との関係を愚痴ります。

かよと蓮子の意外なつき合いも
どうなるのか楽しみです。

以上、花子とアンの109話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ