花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 108話 涙はいつか笑顔になる かよに笑顔が戻る

923


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 108話 涙はいつか笑顔になる


花子やかよ達が無事で大喜びの吉平に
郁弥が亡くなった事を伝える花子。

1

甲府から持ってきた物資で
炊き上げを振る舞っていると
醍醐が駆けつけて来ました。

2

梶原や聡文堂の社員は全員無事でしたが
建物は全壊してしまい
原稿や本も燃えてしまった事を伝えます。

3

醍醐はリボンを配って
女の子たちを元気付けるのでした。

4

落ち込んでいるかよに朝市は
リンが夫を亡くした時の事を話し
人は楽しいことがあれば笑う生き物だと言って
いつか笑える日が来ると励ますのでした。

5

夕方、蓮子たちが訪ねてきて
葉山家の屋敷から解放された事を報告します。

6

そして、残った兄弟も親が迎えにきます。

7

夜、かよはもう一度だけでも郁弥に会いたい
プロポーズの返事をしたいと涙するのでした。

8

翌日、一緒に甲府へ帰ろうと誘う吉平に
かよは東京で頑張ると答えます。

9

みんなを見送るかよに
少しだけ笑顔が戻っていたのでした。

10

花子とアン 感想 108話 涙はいつか笑顔になる


結局、登場人物では郁弥だけが
震災で亡くなってしまいましたね。

いつもは花子のサポートをする朝市ですが
今回はかよをケアです役目を努めます。

醍醐さんも立ち聞きしてしまう程の
相変わらずのナイスフォローは流石です。

郁弥にもう一度会って告白の返事をしたいと
花子に泣きつくかよに同情してしまいました。

そして、泣いて少しすっきりしたのか
笑顔で吉平たちを見送るかよに
よい展開が訪れることを
来週は楽しみにしていますw

以上、花子とアンの108話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ