花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 107話 涙はいつか笑顔になる 郁弥が亡くなる

923


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 107話 涙はいつか笑顔になる


大地震から3日後、英治がかよを連れて
村岡家に戻ってきました。

1

かよは郁弥にプロポーズされた事を
花子に報告して嬉しかったと
話すのですが様子が変です。

2

英治は郁弥が火災に巻き込まれて
逃げ切れなかった事を報告するのでした。

3

カフェーがあった銀座は焼け野原となり
かつて、かよと花子が住んでいた長屋も
跡形も残っていないと語ります。

4

2人がどこかに避難していると思って
英治が避難所を訪ねて回っていると
築地のお寺でかよを見つけたそうです。

5

かよは寺で郁弥が埋葬されるのを
見届けていたのでした。

6

カフェー近辺では誰も助からず
近くで郁弥の腕時計を見つけるかよ・・・

7

一方、甲府では徳丸家が東京に
救援物資を届けることになり
花子たちの安否を確認したい
朝市たちが向かう事になりました。

8

花子は親が迎えに来ない子供たちに
「ナミダさん」を聞かせますが
今のかよには物語の問いかけが辛くて
八つ当たりするのでした。

9

震災から5日が経ち、吉平と朝市と武が
救援物資を持って村岡家に到着すると
花子たちが無事で大喜びするのでした。

10

花子とアン 感想 107話 涙はいつか笑顔になる


馬鹿っちょが別れの言葉となってしまい
郁弥に素直に「はい」と言えなかった事を
後悔するかよに泣けてきます・・・

英治に発見されるまで
埋葬される郁弥に付き沿っていた訳で
その間ずっと後悔し続けていたと思うと
言葉がありませんね・・・

予定より早くプロポーズを行った事や
プロポーズに驚いてカフェーを飛び出した事で
かよは助かったと言える訳で
何とも皮肉な結果となりました。

放心状態のかよの様子からして
立ち直るには時間がかかりそうですが
見どころとしても応援していきたいですね。

以上、花子とアンの107話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ