花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 106話 涙はいつか笑顔になる 関東大震災が発生

923


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 106話 涙はいつか笑顔になる


郁弥の派手なプロポーズに動転して
カフェーを飛び出してしまったかよ。

1

気持ちも落ち着いてカフェーに
戻ろうとしていました。

2

その頃、花子と歩、そして平祐が
今まで見たことがない入道雲を眺めていると
突然、関東大震災に襲われます。

3

花子たちは無事でしたが
地震でそこら中の建物は倒壊しており
周りは騒然としていました。

4

花子は近所の子供たちを集めて
「ナミダさん」という物語を聞かせて
親が迎えに来るのを待ちます。

5

夜になって英治が帰宅して
安心する花子と平祐ですが
帰ってくる途中、そこら中が火の海で
この世のものとは思えない光景だったと
英治は語るのでした。

6

村岡印刷も地震で全壊してしまい
郁弥とかよを探しにカフェーを訪ねたが
火事があちこちで起こっており
探すの諦めて戻ってきたと話すと
再び英治は2人を探しにカフェーに行きます。

7

一方、葉山家では使用人たちが
金目の物を奪って逃げ出しており
乳母も蓮子に純平を預けて
田舎に帰ってしまいました。

8

そして、龍一が蓮子を連れ出そうとすると
葉山伯爵は蓮子を自由にするのでした。

9

そんな折、放心状態のかよを連れて
英治が戻ってきますが・・・

10

花子とアン 感想 106話 涙はいつか笑顔になる


関東大震災が発生して
物語は新たな展開を迎えます。

銀座は火の海という英治の報告で
郁弥とかよの安否が心配されますね。

一方、地震のどさくさに紛れて
蓮子を連れ戻しに来た龍一。

葉山伯爵は地震のショックからなのか
使用人が金目の物を持って
全員いなくなったせいか
あっさり蓮子を開放します・・・

脚本家が面倒になって蓮子開放までの展開を
省略したとしか思えず、何だか残念でした・・・

以上、花子とアンの106話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ