花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 103話 涙はいつか笑顔になる 蓮子が男児を出産

923


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 103話 涙はいつか笑顔になる


蓮子は葉山伯爵に連れ戻されてしまい
葉山家に幽閉されてしまいます。

1

蓮子は断髪されながらも
生まれてくる子供のためなら
どんな辱めも受ける覚悟なのでした。

3

夏のある日、花子や龍一たちが
蓮子の事を心配していると
醍醐が村岡家にやって来ます。

2

葉山家の運転手から蓮子が男の子を
出産したとの情報を得たのでした。

4

龍一が決めていた純平という名前を
蓮子に伝えるため醍醐が懇意にしている
運転手に掛け合う事になりました。

5

一方、福岡の伝助を訪ねた葉山伯爵は
蓮子の断髪を差し出して謝罪すると
死ぬまで龍一とは会わせないと絶叫します。

7

側にいた筑豊の男たちは
蓮子が不倫相手の子供を産んだと知って
葉山伯爵に襲いかかります。

6

しかし、伝助は一度は惚れた女だから
絶対に蓮子に手出しをするなと言うのでした。

8

一方、運転手の手引きで葉山家に招かれた花子は
髪を切られた蓮子に驚きます。

9

しかも、一度も子供を抱いていない事を
聞かされて花子は憤慨します。

10

花子の説得で家の者も渋々了解して
初めて我が子を抱いた蓮子でした。

11

花子とアン 感想 103話 涙はいつか笑顔になる


返せない結納金の代わりに
蓮子の断髪を収めた葉山伯爵。

流石の伝助も蓮子を哀れに思ったのか
一目するなり包み直して返します。

そして、無事に子供が生まれた事を確認すると
いきり立つ筑豊の男たちに向かって
蓮子に手出しする者は許さないと言い放つ
伝助がかっこ良すぎでした。

一方、幽閉された蓮子へのコンタクトは
醍醐が突破口を開くのでした。

そりゃ、醍醐さんにお願いされたら
男は嫌と言えないですよねw

以上、花子とアンの103話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ