花子とアン ネタバレ あらすじ 感想 100話 腹心の友ふたたび 蓮子が妊娠

135


Ads by Google


花子とアン ネタバレ,あらすじ 100話 腹心の友ふたたび


駆け落ち騒動から8ヶ月が経って
蓮子は新しい命を授かっていました。

1

生まれてくる子供の名前は大事だと
花子が皆に説いていると蓮子が
「薔薇があざみやキャベツという名前だったら
同じ様に香らないのでは」と味方しますw

2

世間は静かになったものの
駆け落ち事件はまだ終わっておらず
関係者が蓮子を血眼になって探していました。

3

蓮子たちは龍一の父親の知り合いである
弁護士の山川の元に身を寄せていましたが
龍一が何者かに後をつけられたと話します。

4

山川の家も安全とは言えなくなり
どこに行けばいいのかと動揺する蓮子。

5

花子は甲府の自分の実家に
蓮子の身を隠してはと提案し
龍一は村岡家で暮らすことになりました。

6

一方、蓮子こそが古い慣習に
虐げられてきた女性であり
蓮子の人生は今を生きる女性たちの希望だと
醍醐は宇田川に蓮子を取り上げて
執筆してもらえる様に頼みますが
興味がないと断られてしまいます・・・

7

安東家に蓮子を連れてきた花子は
吉平とふじに蓮子がここにいる事は
誰にも言わないで欲しいと口止めしますが
早速、お喋りなリンに知られてしまうのでしたw

8

その頃、村岡家のドアを叩くものが現れて
お世話になっている龍一が応対しますが
雨の中から姿を見せたのは伝助でした。

9

龍一に見覚えのあった伝助は
蓮子の駆け落ち相手と確認するなり
怒って襲いかかるのでした。

10

花子とアン 感想 100話 腹心の友ふたたび


花子の実家に潜伏することになった蓮子ですが
お喋りなリンがいる甲府では東京以上に
危険な気がするのは気のせいでしょうか?

ネタバレすると最後は発見されてしまい
東京に連れ戻されてしまうのですが
どの様な展開を経るのか見どころですね。

一方、醍醐にも人生の転機を予感させる
フラグが立ちましたねw

一念発起して小説家を目指すのか?
こちらの展開も楽しみです。

以上、花子とアンの100話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ