花子とアン あらすじ ネタバレ 19週 春の贈りもの

11


Ads by Google


花子とアン あらすじ,ネタバレ 19週


関東大震災を経てそれぞれが
新たな人生をスタートさせます。

蓮子は華族から籍を抜いて平民となり
龍一や子供と一緒に暮らし始めますが
家事のことで姑との関係に悩みます。

一方、かよは震災のショックから
立ち直れずにいましたが
生活のため屋台で働き始めます。

そんなかよの元を蓮子が訪れて
愚痴をこぼした事により
かよは蓮子に家事の手ほどきをする為
蓮子の元へ通う日々が始まります。

花子は震災のショックで苦しむかよの姿を見て
王子と乞食の単行本を作る事に悩みますが
伝助に励まされて単行本を完成させます。

伝助は蓮子と初めて本音で語り合ったり
震災で失った村岡印刷の再建に貢献します。

醍醐も女学校時代の友人に呼びかけて
村岡印刷の再建に一役買ったり
父親と喧嘩して村岡家に居候して
蓮子への取材を続けるのでした。

村岡印刷は印刷会社と出版社を兼ねた
会社として再出発を果たします。

そんな折、かよは村岡家の庭に咲いた
郁弥との思い出の忘れな草を見て
立ち直る切欠を掴むのでした。

*掲載しているネタバレはネット上の情報を纏めたものであり
実際の放送内容とは異なる場合がありますのでご了承下さい。


以上、花子とアンのあらすじ,ネタバレ、19週となります。

花子とアン 各話 ネタバレあらすじ感想 最終回まで毎日更新!

  • 花子とアン 最終回までの各話ネタバレあらすじ感想はこちらから読めます!

  • Ads by Google


     
     | 

    最後までお読み頂きありがとうございます!

    ※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


     


    ※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
    Twitter   RSS   Facebook   Google+

    花子とアン 各話 ネタバレあらすじ感想 最終回まで毎日更新!

  • 花子とアン 最終回までの各話ネタバレあらすじ感想はこちらから読めます!

  • この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ