花咲舞が黙ってない ネタバレ あらすじ 感想 8話 臨店業務じゃないw


Ads by Google


花咲舞が黙ってない ネタバレ,あらすじ,感想 8話


舞が赤坂支店でテラーを務めてた時に
顧客だった静枝の紹介でお見合いをする事に!
お相手は京浜銀行に勤めている営業マンの秋本。

1

ですが、同じホテルで行われていた結婚式に参加していた
有馬にお見合いを目撃されてしまうのでした。

2

そんな折、京浜銀行が破綻してしまい
債務超過は1500億円を超えると報道されていた時
静枝から相談したいとの連絡が舞にありました。

3

実は、東京第一銀行で定期預金していた2000万円を
秋本の勧めで京浜銀行に預け替えており
銀行が倒産したらどうなるか舞に尋ねるのですが
通常は1000万円と利息しか補償されないと説明します。

4

そんな時、秋本が静枝を訪ねてきて謝罪するのですが
舞は複雑な表情で見守るのでした。

5

秋本が破綻の半月前に預金を東京第一銀行から
預け変えさせた事に納得がいかない舞に対して
有馬は一般行員が破綻する情報など
分かるはずがないと言います。

6

しかし、上司である芝崎の後輩が京浜銀行に勤めており
今年に入ってから一般行員の間でも破綻は時間の問題と
認識されていた事が分かったのでした。

7

秋本に対して怒る舞ですが
何かおかしいですよね?

8

何故、銀行が破綻すると分かってるのに
定期預金の預け替えをさせたのでしょうかね?
破綻すれば営業成績なんか関係ないのに・・・

9

2人は静枝に秋本の事を尋ねます。
何でも、今年の初めに飛び込みの営業で知り合い
以来、お金のことで相談したり
身の回りの世話をしてもらっていました。

10

そんな折、秋本に営業成績の事で
上司に怒られている事を告白されて
京浜銀行に定期預金を預け替えたのでした。

1

舞は秋本を飲みに誘って
京浜銀行が破綻する事を知ってたはずだと
単刀直入に尋ねると動揺して怒り出します。

2

その時、秋本の財布の中に東京第一銀行の
キャシュカードがある事に気が付いて
秋本の口座を調べると証券会社に
お金を振り込んでいる事が分かりました。

3

証券会社は東京第一銀行の系列という事で
調べてもらうと静枝から定期預金の預け替えの為に
2000万円を受け取った日に同額のお金を
証券会社の口座に振り込んでいた事が判明します。

4

再度、2人が静枝を訪ねて預金通帳を確認すると
秋本が犯した罪に気が付きます。

5

秋本は静枝から預かったお金を着服して
偽の預金通帳を渡していたのでした。

6

今年になって銀行が潰れるという事を利用して
他の顧客に対しても同様の事を行い
着服したお金を株の運用資金に充てていました。

7

そして、銀行が潰れた時は
保護される1000万円だけを顧客に返す計画でした。

8

秋本は待機していた警察に連行されますが
このドラマ始まって以来の醜態を晒すのでした・・・

9

ついに、臨店班の活躍の場が東京第一銀行を超えてしまい
真藤本部長の心中は穏やかではないのでした。

10

以上、花咲舞が黙ってないの8話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ