花咲舞が黙ってない ネタバレ あらすじ 感想 7話 最後まで肉テロw


Ads by Google


花咲舞が黙ってない ネタバレ,あらすじ,感想 7話


舞は同僚の行員から友田という男性を紹介されます。

1

彼はTOKYO DALLASというステーキ店を経営しおり
今日の合コン場所も彼のお店なのでした。

2

素敵なディナーを過ごした舞でしたが
お店に名刺入れ忘れてしまい
次の日、従業員の大塚が届けてくれるのですが
彼から友田の事で相談を受ける事になります。

3

友田が融資を行ってもらう為
品川支店のある従業員に
200万円の賄賂を渡した事を知ってしまい
社長に不正を辞めてもらいたくて
舞たちに打ち明けるのでした。

4

舞の鶴の一声で品川支店の調査が開始されます。
さっそく、舞と有馬は品川支店を訪れるのですが
対応した融資課長の難波の態度は
どこかよそよそしいのでした。

5

しかし、有馬が融資資料をチェックするものの
どこにも不審な点はなく、5000万円ほどの融資なら
通ってもおかしくない経営状況なのでした。

6

次に、2人はTOKYO DALLASにお客として訪れ
対応した友田に臨店の仕事で品川支店が行っている
融資について調べていると話します。

7

友田は仕事があるからと立ち去りますが
明らかに警戒している様子でした。

8

臨店班がTOKYO DALLASの口座を調べると
預金小切手で200万円を出金している事が分かりました。

9

これだと、受け取る側の口座には記録が残らないのですが
預金小切手は換金する時に受取人の署名が必要で
しかも、発行元の銀行に戻るので追跡が可能です。

10

小切手は目黒支店で発行されており
調べると若村副支店長の署名がありました。

1

しかし、品川支店の若村を問い詰めるものの
200万円は個人的に貸した金を返してもらったと反論します。

2

さらに、臨店班が調査を続けていくと
大塚が舞に家族のためにも
胸を張って仕事をしたいと言い出したり
元TOKYO DALLASの看板シェフだった秋山が
方針の違いで辞めてから業績が良くなった事から
食品偽装をしていた事が分かりました。

3

1年前からTOKYO DALLASでは看板メニューで使う牛肉を
ブランド肉ではない物に変更していました。

4

牛肉のコストを下げる事により
業績を回復させていたのでした。

5

友田が渡した200万円は若村が融資を検討する際、
食品偽装に気が付いた事への口止め料だったのです。

6

若村には厳しい処分が下され
TOKYO DALLASへの融資も打ち切られる事に。

7

今回の一件は、大塚が銀行の調査が入れば
食品偽装を止めてくれると願っての告発であり
大友は社員と共に一からやり直すことを誓うのでした。

8

最近も話題になった食品偽装を扱いつつ
今回は支店長は関係ない変化球的な展開でしたね。
八木支店長のキョトーンとした顔が可笑しかったですよ。
でも、責任は問われる事になり、真藤本部長はオカンムリでしたw

9

以上、花咲舞が黙ってないの7話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ