花咲舞が黙ってない ネタバレ あらすじ 感想 6話 め以子さんと桜子さんw

qq1


Ads by Google


花咲舞が黙ってない ネタバレ,あらすじ,感想 6話


週刊誌がとある銀行のセクハラ問題をスキャンダル。

1

銀行名は明かされていませんが
建物と社員証の写真から
明らかに東京中央銀行なのでした。

2

事態を重く見た本部は
臨店班の相馬と舞に調査を命じるのでした。

3

告発したのは都内20代の女性行員という事で
人事部から退職予定者のリストをもらって
聞き取り調査を行いますが、該当者は見つかりません。

4

調査に進展がなく、相馬と舞が困っていると
今度は頭取宛に告発した女性の名前が
記載されたメールが送られてきたのでした。

5

メールに記されていた名前は
京橋支店の川島奈津子でした。

6

彼女は舞と同期入社で、今でも定期的に会っている間柄。
そんな話は一度も聞いた事がなかった舞は驚きます。

7

臨店班の事情聴取に対して川島は
告白した事実と頭取宛にメール送った事実を認めます。

8

7

前の頭取で、現在は人事部次長を務めている男に
セクハラだけならまだしも、総合職への異動試験の際に
大人の関係を拒んだために、推薦状に記載する人事評価を
不当に記載されて不合格となってしまい
抗議の為に告発を行ったのでした。

6

本店に呼ばれた川島は進藤本部長たちの前で
週刊誌への告発やセクハラについて
証言する事になりましたが
証拠がないためセクハラの事は
なかった事にされようとしていました。

1

そこへ、セクハラの事実を証明するため
舞と相馬が乗り込んできます。

2

舞は以前、人事部次長が勤めていた支店の女子行員に協力を求めて
同じ様なセクハラを受けていたという証言を入手し
相馬は川島の人事評価の資料を手に入れて
推薦状に記載された評価との矛盾を証明するのでした。

3

4

人事部次長と川島には相応の処分が下されるそうですが
川島は舞たちにお礼を言って
笑顔で本店を後にするのでした。

5

良く知る同僚を調べるのはさすがの舞も辛かったと思います。
今回の見どころは進藤本部長の前での公開処刑でしたねw

以上、花咲舞が黙ってないの6話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ