花咲舞が黙ってない ネタバレ あらすじ 感想 5話 オカマじゃない金融庁?


Ads by Google


花咲舞が黙ってない ネタバレ,あらすじ,感想 5話


東京中央銀行では金融庁による
監査が行われる事になりました。

1

各支店は準備に追われて忙しいものの
監査が行われるのは10支店程との事。

2

そんな折、相馬が以前勤務していた
中野支店に出向く事になりました。

3

何でも書類に捺印漏れがあったとかで
舞もかつての同僚に会いたくて一緒に行きます。

4

しかし、中野支店に到着すると
金融庁の検査官が待ち構えていました。

5

中野支店は規模も小さく監査に該当する様な
大きな取引も行われていません。

6

主任検査官は銀行いじめで有名な青田で
必要以上に厳しく監査は行われます。

7

そして、倉庫に隠してあった
融資資料を発見されるのですが
相馬の機転で事なきを得るのでした。

8

青田の中野支店長に対する態度が気になった相馬は
過去に何かあったのか尋ねてみると

9

青田がいち検査官だった頃
監査のやり方がかなり横暴だったので
中野支店長が検査官のトップへ訴えたところ
青田は訓告処分を受けたそうで
今でもその事を根に持っていると
聞いていると答えるのでした。

10

青田は銀行を陥れるためには
証拠のねつ造なども平気で行うらしく
無事には終わらないと警戒する一同。

1

案の定、青田は監査で押収した私物のノートパソコンから
ある行員の私生活が乱れている事を見つけて
ばらされたくなければ協力しろと脅していました。

2

その為、倉庫に隠してあった融資資料が
見つかってしまったのでした。

3

行員は朝早く融資資料を別の場所に移そうとした現場を
相馬と舞に抑えられて青田に脅されたと白状します。

4

行員は青田に協力しなかった為
青田はどういう事だと行員を恫喝しますが
その現場は証拠として録音されるのでした。

5

さらに、女性行員が融資課の行員から
大事な資料を預かっていたという話を
立ち聞きした青田は内部告発があったと言って
女子行員のロッカーなどを検査するのですが
これも舞たちによる罠なのでした。

6

結局、青田は恥をかかされた挙げ句
一連の行為が報告されて懲戒免職となりました。

7

今回は臨店班の仕事ではなかったですが
いつもの不正を取り締まる展開でした。

8

しかし、実際の金融庁の監査って
こんな感じなのでしょうかね?
青田はただのチンピラヤ○ザだしw

9

以上、花咲舞が黙ってないの5話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ