花咲舞が黙ってない ネタバレ あらすじ 感想 4話 め以子とふ久が共演


Ads by Google


花咲舞が黙ってない ネタバレ,あらすじ,感想 4話


今回の臨店班の仕事は突然失踪した
横浜西支店の融資課・光岡の調査です。

1

銀行の仕事は大変だからストレス溜めないように
しないとねと同情する舞と突っ込む相馬が
支店を訪れて調査を開始します。

2

支店長の中村に失踪の心当たりを尋ねますが
彼は銀行員としての資質に欠けていると返されます。

3

さらに、光岡の母親がモンスターペアレントだと言い出す始末。
しかし、光岡が配属された際、白水銀行から5億もの
預金や投資を移してくれた為、母親に強く出られないそうです。

4

そんな時、光岡の母親が銀行に押しかけてきて
息子が失踪したのは仕事でひどい仕打ちを
受けたからだとまくし立てます。

5

しかし、同僚からは光岡は融資先のために
何度、中村に稟議書を突き返されても
頑張っているとの評価でした。

6

そこで、光岡の仕事ぶりを調べると
稟議書に不審な点は見受けられず
光岡は稟議書を通せなくて
融資ができなかった責任を感じて
失踪したのではと有馬は予想します。

7

次の日、光岡が担当していた融資先を訪れた臨店班。
ここでも彼の仕事ぶりは高評価でした。
しかし、支店長の中村へは恨みを持っている様で
資金が必要な日まで引き伸ばしておいて
融資を見送ったと愚痴をこぼしていました。

8

有馬は中村が意図的に融資を行わずに
工場を倒産させようとしたのではと考えます。

9

そして、融資先が裁判で争っている相手が
中村の息子が経営している会社である事を突き止めます。

10

一方、舞は光岡をバッティングセンターで見つけて
落ち込んでいる彼を叱咤激励するのでした。

1

臨店班と光岡が支店に出向いて
今回の光岡の失踪は自分の息子の会社を助けるため
融資先の工場をつぶそうとした中村が原因だと主張します。

2

そして「貴方こそ本当のモンスターだ」と糾弾する舞。

3

状況証拠だけなので、しらばっくれても良かったのですが
最後は泣き崩れてしまう中村でした。

4

今回は分かりやすいストーリーでした。
5話は今までの不祥事とは異なる問題が発生する様ですね。

以上、花咲舞が黙ってないの4話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ