極悪がんぼ ネタバレ あらすじ 感想 5話 薫ちゃんスーツ似合う!


Ads by Google


極悪がんぼ ネタバレ,あらすじ,感想 5話


金暮の街に鬼斬と名乗る女性の事件屋がやって来て
飲み屋で小清水経営コンサルタントを田舎者とコケにします。

1

しかも、小清水経営コンサルタントの顧客に
格安で仕事を受けると宣伝するありさまで
顧客情報が漏れているのではとの疑いも浮上。

2

そんな折、社長による恐怖の監査が行われる事になり
金子と夏目は準備で大慌てで仕事どころではない状態。

3

薫は4話の一件で自分をいっぱしの事件屋として
認めてくれた夏目から、手形の回収の仕事を
譲ってもらう事になりました。

4

早速、取り立てに向かう薫でしたが
相手は何と金子に手形を奪い返して欲しいと
依頼してきた人物なのでした。

5

しかも、金子の代わりに鬼斬が仕事を受けており
薫は鬼斬にお金は何とかするから
今日は帰って欲しいと言われるのですが・・・

6

当初はノルマのない手形回収の仕事でしたが
事務所同士のメンツをかけた戦いに発展して
夏目たちから全額回収を命じられる薫なのでした。

7

鬼斬は金暮の街で小清水経営コンサルタントの
抱える案件に対立する事件屋として振る舞い
薫との手形の約束も反故して
格安で買い取ると言い出します。

8

手形を回収できなかったら
私のメンツは丸つぶれだと愚痴る薫に
彼氏は手形を回収できないのなら
鬼斬のクライアントの会社を潰して
引き分けに持ち込む様にアドバイスします。

9

薫は格安で手形を渡す約束をしておきながら
鬼斬の目の前で銀行に換金を依頼します。

1

薫から手形を奪い返せなかった事で
鬼斬のメンツを潰したかに思えましたが
手形は彼氏にすり替えられたコピー品でした。

3

実は、本物の手形は金子の手に渡っており
鬼斬の息子が経営するマリンスポーツ店の
製品を購入するために使われたのでした。

4

結局、手形は不渡りとなって
鬼斬の息子が鬼斬たちに引導を渡す形となりました。

5

しかし、今回の一件を裏で操っていたのは
小清水経営コンサルタントの所長でした。

6

鬼斬は所長が大阪の事務所を任せている人物で
今回の件について所長にレポートを提出しており
帳簿では分からない部分まで監査が行われていたのでした。

7

やっぱり所長が一番怖いですよねw
後、公務執行妨害での逮捕がゴリ押しすぎで流石はオダギリジョー
今週も一番の見どころは腐れ外道の働きぶりでしたねw

以上、極悪がんぼの5話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ