極悪がんぼ ネタバレ あらすじ 感想 10話 薫が金子に勝った


Ads by Google


極悪がんぼ ネタバレ,あらすじ,感想 10話


所長である小清水の命令で
単身東京に進出する事になった金子。

1

事件屋としてやっていく為には
その土地のフィクサーに筋目を通す必要があり
単身での東京進出は事件屋として
死ねと言われてるも同じなのでした。

2

薫は空港まで金子を追って説得しますが
逆に金子は薫に冬月からの借金を返し終わったら
事件屋から足を洗えと忠告します。

3

薫が拒否すると、薫の母親が経営していた
店の土地を地上げしたのは
自分たちだと告白するのでした。

4

そんな折、金暮の街に外資系企業が手がける
西日本最大のアウトレットモールが
誕生する事になりました。

5

地元の政治家でも利権に食い込めない中
金市商事という聞いたこともない会社が
テナント売上の2%に相当する10億円を
毎年受け取る契約を結んだ事が分かりました。

6

これだけの利権を大手ではなく
金市商事が手がけるという事は
何か裏がある可能性があり
自分たちも利権に食い込める
チャンスがあるということです。

7

この、小清水直々の10億円の案件は
薫が担当する事になり抜道はサポートを任されます。
2度とないチャンスかもしれないと腹を括る2人。

8

金市商事は半年前に不渡りを出した会社でしたが
最近になって借金を完済した事が分かりました。

9

借金から金市商事を救った人物こそが
利権を握っていると踏んだ2人は追いかぶせで
金市商事を乗っ取る計画を立てます。

10

会社に高額な商品を発注させて
仕入れた頃にキャンセルする事で
資金難に追い込むという作戦です。

1

小清水の紹介で政治家に仲介してもらい
金市商事に運転資金として1億円を貸し付けて
3億円分の機織り機を注文することに成功します。

2

一方、冬月は五十嵐から小清水が公安に
マークされている事を知らされます。

3

かつて、小清水は過激な左翼の活動家だったそうで
今でも活動家に資金を提供しているという理由でした。

4

しかし、小清水は不整脈による発作で倒れてしまい入院。
タイミングが良すぎるのは気のせいでしょうか?
薫は小清水に所員には内緒にして欲しいと言われます。

5

冬月は東京に進出した金子を訪ねて
小清水の案件を薫が担当する事を伝えると
薫が小清水の案件を任された理由や
素直に小清水の命名に従った理由を
金子に尋ねますが明確な回答は得られません。

6

小清水の案件は薫と抜道が担当していますが
抜けがけ横取り何でもありの世界なので
黙って指をくわえている所員ではありません。

7

金市商事から発注書を出して欲しいと頼まれて
社員に扮した和磨が渡しに向かうのですが
夏目が金市商事のビルから出てくる所を目撃します。

8

発注書を要求したのは夏目が指示した罠で
1億円を横取りしようと企んでいたのでした。

9

キリコも追いかぶせ作戦で使っている
ダミー会社に出向いて写真を撮ります。

10

一方、金子がアウトレットモールの社長と
会っている所を目撃した冬月は
利権は金子が握っていると判断します。

1

そんな冬月の元に五十嵐から本庁の公安が
金暮に乗り込んでくるとの情報が入り
捜査に協力し欲しいと言われるのです…

2

予定通り機織り機の注文をキャンセルして
貸し付けた1億円の取り立てに抜道が向かい
返せない1億円の代わりに金市商事の株式51%を
担保として押さえて経営権を握ろうとします。

3

しかし、金子と夏目が乗り込んで来て
キリコが撮影したダミー会社の写真と
発注書を抜道に突きつけて追いかぶせは
業務妨害という立派な犯罪だと脅します。

4

金市商事のオーナーは金子で
ショッピングモール建設に必要な土地を
地上げした見返りに利権を手に入れたのでした。

5

金子は見限ったのは自分の方だと言い放ち
今後、小清水が余計な手出しをしたら
写真と発注書を警察に突き出すと脅します。

6

金市商事を型にはめるつもりが
はめられたのは自分たちだと抜道が諦めかけた時
薫が2億円を持ってやって来ます。

7

1億円を受け取っておきながら
機織り機を発注せずに返せないのなら
横領罪でムショ行きと逆に脅して
金市商事と利権を手に入れるのでした。

8

和磨の情報から裏に金子がいる事を見抜いて
小清水の協力で2億円を準備して
金子に「負けじゃ」と言わしめた薫は格好良かったw

9

小清水は最初から金市商事の裏に
金子がいた事を見抜いていた様で
薫を試したのではないでしょうか?

10

薫が小清水の案件を任された理由と
金子を切った理由は明らかとなりました。

1

しかし、薫は小清水について話を聞きたいと
公安に身柄を拘束されるのでした。

2

10億円の利権を巡って激化する争いのなか
母を死に追いやった小清水を越えてみせると誓った薫。

3

国会議員の銭山の目的とは?
金子たち同様、冬月も小清水を裏切るのか?
所員が恐れている小清水は何者なのか?

4

全てが最終回で明らかになる事を楽しみにしています。

以上、極悪がんぼの10話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ