失恋ショコラティエ ネタバレ あらすじ 感想 6話 エレナはキープ?


Ads by Google


失恋ショコラティエ ネタバレ,あらすじ,感想 6話


ついに、長年片思いし続けていた倉科に告白したエレナ。
しかし、倉科には既に妻子がいるため
思いは実らず一人傷心のまま
クローゼットに閉じこもることに…

1

エレナからの連絡を受け
「自殺したのではないか?」と
無性に心配になり駆けつける爽太。

しかし、想像していたよりもダメージが少ない
エレナを見てひと安心します。

2

同時に「自分も家庭のある人に
ずっと片思いし続けている」という
これまで考えてこなかった現実性を
ようやく受け入れることになる
切っ掛けともなりました。

3

「ショコ・ラ・ヴィ」のメンバーに
「バレンタインデーにちゃんと失恋してきます」と宣言する爽太。

これまでショコラティエとしての爽太を支えてきた
原動力とも言えるサエコへの恋愛感情への終止符は
店の先行きを不確かなものにするのではないかと心配されましたが

4

最後にサエコの結婚式をボンボンショコラで再現するという
これまでの発想にはなかったアイデアが
次々と形になって現れたことで、
そんな心配は一掃されるのでした。

5

また、オリビエとまつりの間にも進展が見られます。

これまではオリビエの一方的な片思いでしたが
親友の彼氏と別れたまつりも
その思いを受け入れるようになったのです。

下宿という形ですでに同じ屋根の下に
暮らす二人の関係の進展具合も
今後の見どころとなるでしょう。

6

薫子も爽太に気持ちを打ち明けますが
「冗談」感覚で軽く流されたことで
心のなかにふつふつと情念が鬱積するのですが
関谷にメールをしたことで
この二人の関係も変化を見せ始めています。

7

片思いのベクトルは徐々に向きを変え始めていますが
果たしてどのようなバレンタインデーを迎えることになるのか。
爽太の新しい作品とともに次回が楽しみです。

以上、失恋ショコラティエの6話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ