失恋ショコラティエ ネタバレ あらすじ 感想 3話 サエコはどうしたいん?


Ads by Google


失恋ショコラティエ ネタバレ,あらすじ,感想 3話


一夜を共にしたえれなが海外ロケから帰国し
爽太に会うために「ショコ・ラ・ヴィ」に来店。

ベタベタ接してハグを求めるえれなに対し、怪訝な顔を擦る薫子。
そしてもう一人、サエコもその様子を
心を苛つかせながら眺めているのでした。

1

えれなの存在によって苛つくサエコに対して、
「俺のほうが主導権を握っている」と実感した爽太は、
これまで以上の妄想を一人心のなかで楽しむのでした。

そんな矢先、オリビエにも片思い中の女性がいるという会話になり、
爽太を中心にした片思い相関図がいよいよ複雑になり始めました。

オリビエの片思いの相手は、爽太の妹まつり。
まつり自身も友達の彼氏に想いを寄せていて、状況が複雑なのです。

2

朝食時に、まつりが出かけた後
父親と兄に真剣な思いなのだと打ち明けるオリビエ。

御曹司という立場でありながら、日本古来の筋の通し方をするオリビエに対し、
父親は反対するどころか好感を持ち応援する立場を取るのですが、
それを横で見ている爽太は困惑の表情を浮かべるのでした。

小動家を覆う、片思いの渦は果たして、どのような収まり方をするのでしょう。
爽太の片思いの行方よりも先に、オリビエとまつりの想いの行方が決着を迎えそうですが、
兄として、親友としての存在である爽太も気が気ではないでしょうね、きっと。

3

以上、失恋ショコラティエの3話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ