失恋ショコラティエ ネタバレ あらすじ 感想 1話 爽太の妄想力がヤバい


Ads by Google


失恋ショコラティエ ネタバレ,あらすじ,感想 1話


1話のネタバレをこっそりw
爽太が製菓専門学校卒業間近にサエコに告白するも
全く相手にされなかったところから物語が始まります。

過激な予告編が年末年始の話題をさらった
「失恋ショコラティエ」がついに放送開始されましたね。

1

あの過激な描写は、実は主人公爽太の「妄想」だというのは
事前に様々なところから聞いていましたが、
シーツ1枚でショコラを飲むサエコの妖艶さは素晴らしかった♪

2

話は戻りますが

全く相手にされなかった傷心中に専門学校を卒業
同時に「サエコさんを夢中にさせるチョコ」を作り出していた
フランスのボネールというパティスリーに突然訪ねて弟子入り志願。

以降、6年間の修業の後
実家のケーキ屋を父親から譲り受け
「ショコ・ラ・ヴィ」をオープンさせる
チョコレート王子として帰国してきた。

というのが物語の主な内容です。

3

第2話以降に登場する「チョコレートの貴公子」
六道などの顔見せがエンディング間際に行われましたが
登場人物それぞれの片思いの行方も気になるところです。

更に、爽太のより過激な「妄想」が
話題を呼ぶことは間違いないでしょう。

※石原さとみさんが小悪魔女子を
自然に演じているので展開が膨らみそうです。

物語の重要なアイテムである
きれいなチョコレートを見ていると
「食べてみたいなぁ…」と

4

ドラマの本筋とは外れた食欲もそそられるドラマですが
今後「バレンタインデー」を控えるだけに、
リアル店舗での番組連動商品の発売なども
あるのではないかと密かに期待しています。

以上、失恋ショコラティエの1話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ