医龍4 ネタバレ あらすじ 感想 9話 岡村が医者の顔をしていた!


Ads by Google


医龍4 ネタバレ,あらすじ,感想 9話


日本国内では心臓との同時オペを
実施できる医師が見つからなかったが
アメリカのトップ脳外科医であれば執刀できることが判明。

1

しかし、2年間のスケジュールが埋まっており
莫大な費用も必要であることがわかり
落胆の色を隠せないチームドラゴンの面々。

3

一方、L&P病院には野口の肝いりで
幼い子供のオペを実施することに。

4

術式的にも難易度は高くなく
伊集院たちが執刀の手はずを整える中
極めて危険な状態の妊婦も受け入れることに。

5

本来であれば受け入れを拒否するケースのこの妊婦
コンサルタントである岡村が半ば強引に受け入れさせたのです。

2

岡村がアメリカで付き合っていた女性が同じ症状で
治療が必要であるにもかかわらず
加入している保険では対応できないと
病院側から断られていた過去が
この行動を取らせた背景にありました。

6

幼い子供のオペが始まってすぐに、妊婦の容態が急変します。
しかし、伊集院たちはオペの真っ最中で対応が不可能な状態。
せめて、母体だけでも救おうと木原が手術室に向かう中
岡村が桜井病院へ出向き朝田に執刀を依頼。

7

母子ともに救うと岡村が力づけるとともに
鬼頭が子供のオペに入ることで
伊集院が妊婦のオペに入る穴をカバー。

8

ぎりぎりの局面でしたが母子ともに
チームドラゴンの手により救われるのでした。

9

以上、医龍4の9話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ