医龍4 ネタバレ あらすじ 感想 最終回(11話) 岡村が!ベタだが感動


Ads by Google


医龍4 ネタバレ,あらすじ,感想 11話


脳と心臓、双方の動脈瘤が破裂した桜井院長。
L&P病院に緊急搬送されます。

1

朝田たちは慌ただしくオペの準備にとりかかります。
しかし、脳外科医は誰として
この状態でのオペに匙を投げる状態で
ついには朝田が「脳も行う」と言い出す始末。

2

ただ、今回のオペは低体温状態で血流を止めて
30分の間に執刀を終えるスピードも要求され
心臓のオペだけでも時間ギリギリの戦いになるため
万事休すかと思われたのですが…

3

ここで、前回L&Pを追われた岡村が登場します。

4

実は、岡村はかつてアメリカで
最も優秀な脳外科医として名声をはせており
妻を死に追いやった医療制度の改革を目指すために
ビジネスの世界に転じていたのです。

5

二人の天才外科医の執刀により
心臓と脳の同時オペがいよいよ開始されました。

誰もが驚きの声をもらさずにはいられないほど
常軌を逸したスピードでオペの対象となる
動脈瘤へアプローチすることができたのですが

6

加齢による動脈硬化によって血流を止めるべき場所で
クリッピングできないという問題が…

7

「医師」として桜井を復帰させるために
従来は取らない回避方法でオペを終了させたチームドラゴン。

8

インドへの派遣はチーム全員ではなく
更に成長したい伊集院のみとなりました。

朝田は桜井総合病院の院長に
加藤たちはL&Pに残りそれぞれの研究を続けることに。

9

いつかまたどこかで
チームドラゴンが再集合するのかもしれませんね。

以上、医龍4の11話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ