ルーズヴェルトゲーム 動画 視聴率 4話 沖原よく言った!


Ads by Google


ルーズヴェルトゲーム 動画,視聴率13.8% 4話


ジャパニクス仲裁の元
イツワ電器による対等合併の話を
持ちかけられた細川は苦悩します。

【ルーズヴェルトゲーム】唐沢寿明主演のドラマ動画!

↓↓↓地上波TVのおっかけ配信中↓↓↓
>>>U-NEXTの詳しい説明はこちら<<<

動画配信サービス【U-NEXT】で
「ルーズヴェルトゲーム」が無料で視聴できる!


1

今の青島製作所に残された道は
対等合併か民事再生しかありません。

2

しかし、会長から「対等合併など絶対にない」と忠告されて
慎重に検討しなければならないと考えを改める細川でした。

3

一方、細川から合併についての話がある前に
イツワ電器と関係のある役員が話を聞きつけます。

4

当然、役員会議は紛糾する事になるのですが
生え抜きの役員にとって、外から来た細川の判断を
受け入れるのは抵抗があるのでしょう・・・

5

一方、沖原が加入した野球部は
都市対抗野球で敗退すれば即廃部もあって
選手たちは気合い十分なのでした。

8

1回戦は沖原の好リリーフで勝利。
次の目標は3回戦であたるイツワ電器です。

7

沖原から野球を奪った投手との因縁もあり
野球部の運命を賭けた試合となります・・・

6

結局、細川は今回の対等合併の話を断ります。

細川が極秘に入手した資料によると
合併後の青島製作所の社員は
開発部門だけを残して
他は切り捨てるつもりでした。

9

つまり、合併の目的は技術を手に入れる事であり
特許取得後は開発部門の社員も不要となる
計画である事が分かったからです。

また、細川は東洋カメラからイメージセンサーの受注と
10億円の融資を取り付けていました。

1

そして、なおも食い下がるジャパニクスの社長に
細川は「私は貴方が嫌いだ」と言い放つのでした。

2

しかし、イツワ電器は青島製作所を諦めておらず
ある人物と接触してたのでした。

3

それにしても香川照之さん良い顔ですねー
まんま大和田常務化でしたw

以上、ルーズヴェルトゲームの4話、動画、視聴率を紹介しました。
見逃した方はU-NEXTなら4話を試聴できますよ。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ