マッサン ネタバレ あらすじ 感想 9話 災い転じて福となす 技術者と商売人

qq1


Ads by Google


マッサン ネタバレ,あらすじ 9話 災い転じて福となす


次の日、政春とエリーは優子と佳代に謝るため
優子の部屋を訪ねますが取り合ってもらえません。

1

予定では大作が先に話をつけてくれたはずなのにと
昨晩、大作が訪ねて来たか尋ねると
大作は優子の部屋を訪ねたものの
優子と佳代の迫力の前に話を切り出せず
部屋を後にしたことが明らかとなります。

2

ひとまず、政春は仕事に向かうと
昨晩はぐっすり眠れたかと
好子たちが優子との顛末を聞きに来ますが
政春は今から説明すると言うなり
ウィスキーを作り方を話し始めます。

3

すると、鴨居商店の社長・欣次郎が訪ねて来て
瓢箪みたいな釜でウィスキーを作るのかと訪ねると
政春はポットスチルを日本で作りたいと
設計図を見せて熱く語りはじめるのでした。

4

欣次郎はフランス製のワインを持って来て
売り物になるか味見をして欲しくて政春に依頼。

5

ワインは2つ用意されていて
一つは純粋なフランス製のワインで
もう一つは甘味料を加えていると
政春は言い当てます。

6

何故、ウイスキーを作るのかと欣次郎が訪ねると
大作に初めてウィスキーを飲まされて
感動して日本で日本人の手による
本物のウイスキーを作りたいと思うようになった
模造品を作ってる場合ではないと熱く語ります。

7

話を聞いた欣次郎が去るとき
政春はフランス産の本物のワインはおいしいのに
何故手を加えるのかと尋ねると
欣次郎は日本人がおいしいと思えるワインが
本物だと答えるのでした。

8

一方、優子は政春との思い出にふけっており
エリーは優子の胸の内を知りたいと
思うようになっていたのでした。

9

マッサン 感想 9話 災い転じて福となす


今回は技術者と商売人の立場で
会話が進んで面白かったです。

政春は技術者として本物のウイスキーを
作りたいと考えており
模造品などもってのほかと主張。

一方の欣次郎は商売人として日本人が飲んで
おいしいと思えるものが本物だと持論を展開。

今後もこのようなやり取りが
見られたらいいなと思いますね。

それにしても優子とデートまでしてるのに
政春鈍すぎ、そりゃ優子怒るよw

以上、マッサンの9話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ