マッサン ネタバレ あらすじ 感想 6話 鬼の目にも涙 愛を確かめ合う政春とエリー

qq1


Ads by Google


マッサン ネタバレ,あらすじ 6話 鬼の目にも涙


貴方の事情も気持ちも分かってるけど
みんなに祝福されない結婚は幸せになれない。

1

どんなに頑張っても日本人にはなれない。

2

お願いだから国に帰って欲しいと
早苗は一芝居売って頭を下げるのでした。

3

政春が部屋に戻ってきますが
すでにエリーは亀山家を出ており
事情を知った政春は急いでエリーの後を追います。

4

何とかエリーの乗ったバスに追いついた政春は
自分を置いてどこに行くのかと尋ねます。

5

エリーは早苗が政春を深く愛している事を知った。
自分は母親に納得してもらえないまま日本に来た事を
後悔しているから親子の縁を切るのはダメ。
だから、自分は国に帰ると訴えます。

6

しかし、政春は日本は亭主関白の国
嫁は黙って夫の言うこと聞くもんだ。

7

無理して日本人になる必要はない。
エリーはエリーのままでいいと呼びかけると
エリーは政春の説得を受け入れます。

8

2人は愛する人との再会を祝う歌である
「オールドランクサイン」を歌い始め
乗客や運転手が唖然とする中で
愛を確かめ合うのでした。

9

マッサン 感想 6話 鬼の目にも涙


今回は2人の愛を確かめ合う展開で良かったです。

これからも2人には様々な困難が
待ち受けると予想されますが
オールドランクサインで
乗り切って欲しいと思います。

早苗の芝居が良かったw

以上、マッサンの6話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ