マッサン ネタバレ あらすじ 感想 56話 灯台下暗し 改築計画スタート


Ads by Google


マッサン ネタバレ,あらすじ 56話 灯台下暗し


欣次郎から出された難題を前に
エリーの話を聞く余裕もない政春。

1

エリーが改築の話をしても
本当に自分が欲しい物の話をしても
政春は上の空なのでした。

2

佃、吹田、枚方、小林、山崎など
大阪周辺の様々な土地を回って
ウイスキー造りに適した場所を探した政春。

3

政春は調査結果を報告して
やはり北海道が一番いいと推薦するのですが
欣次郎は豊臣秀吉が明智光秀を打ち破った
山崎にしようと言い出します。

4

他の社員たちも山崎に賛成する中
政春はピートが取れる北海道こそが
ウイスキー造りに最適の場所だと説明しますが…

5

一方、エリーとキャサリンは
モダン&ゴージャスをテーマに
梅子の夫である大工の信に改築の相談をします。

6

玄関をドア、キッチンにガス、畳を板張りの床に
ふすまと庄司もドアにする等の注文をしますが
信は西洋建築は寒暖の差が大きい
日本の気候に合わないと忠告するのでした…

7

一方、社員たちに欣次郎を唆すな
北海道だなんて現実が見えていない
ウイスキー事業がどれだけ危ない事業か考えろと
釘を差された政春はこひのぼりでやけ酒。

8

夕食を一緒に食べようと待っていたエリーは
酔っぱらって帰宅した政春に文句を言います。

9

政春が謝って寝ようとする時
エリーにワシは絶対に負けんけえのと言うと
エリーは分かってると一言答えるのでした。

11

マッサン 感想 56話 灯台下暗し


先輩社員にイビられる政春。
欣次郎のお気に入りで
工場長の座も用意されているし
嫉妬でしょうねw

大将に楯突くなんて
100年早いんだよ的な感じでした。

政春のような人間は
好き嫌い分かれる様ですね。
住吉酒造でも他の従業員とは
仲良くしていた様だったけど
矢口専務にはすごい嫉妬されてたしw

改築がどうなるかも楽しみ。
また政春は人の話を聞いていないが
エリーも慣れてきた様子が良かった。

以上、マッサンの56話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ