マッサン ネタバレ あらすじ 感想 53話 虎穴に入らずんば 政春が鴨居商店に入社


Ads by Google


マッサン ネタバレ,あらすじ 53話 虎穴に入らずんば


こひのぼりで秋からエリーが用意した
お座敷を台無しにするなんて酷いと言われ
春からは男には意地がある
欣次郎に頭を下げる必要はないが
エリーを楽にさせてやれと言われる政春。

1

亀山家でも金の切れ目が縁の切れ目だから
科学の教師の仕事をやらせたほうがいいと言う
キャサリンたちでしたが
エリーは政春にしか造れないウイスキーが
きっとできると話すのでした。

2

一方、ウイスキー技師を探している
欣次郎は島田物産の山之内から
何度もスコットランドに足を運んでいる
貿易会社の社員を紹介してもらうことに。

3

しかし、その社員はスコットランドまで
熱心にウイスキー造りの修行をしに来ていた
スコットランドのウイスキー業界でも
有名人だった政春の事を知っており
彼ならウイスキーを造れるのではないかと
話していたことを欣次郎に伝えるのでした。

4

政春は家に帰るとエリーに
生活のために住吉学院の科学の教師を
やることに決めたと伝えます。

5

しかし、エリーは逃げるなマッサンと言うと
私の気持ちを何も分かっていないと怒ります。

6

2人が言い争いをしていると
突然、欣次郎が庭先から訪ねてくるのでした。

7

欣次郎は机の上に4000円を置くと
元々スコットランドの技師に払うつもりだった
1年分の給料として先払いするから
鴨居商店の社員になれと政春に迫ります。

11

政春が今更何でと驚くと欣次郎は
日本でウイスキーを造れるのはお前しかいない。

8

それと、政春の頑固さが気に入った
自分のやることを疑ってかかる人間が
未来の鴨居商店に必要だと話します。

9

無言で立ち尽くす政春に
欣次郎はついて来いと言って
とある建物に案内します。

10

欣次郎は秘密基地だと言い
政春は部屋に置かれた樽を見つけます。

12

欣次郎は太陽ワインを売り出す前に
使いもんにならないアルコールを入れたが
2年前に樽を開けてみると
良質のアルコールに変わっており
ウヰッキーの原酒もこれだと種を明かします。

13

まるで魔法、神の御業だと感動して
いつかウイスキーを造ってみたいと
思うようになった原点だと話すのでした。

14

欣次郎が本気でウイスキーを
造りたい事を知った政春は
ようやく頭を下げるのでした。

15

マッサン 感想 53話 虎穴に入らずんば


さすがに教師編はなかったですねw

ウイスキーで世界の頂点に立つ会社を
創設した男は器が違いますね。

16

生きてきた年月も違うかもしれないが
苦労してここまで築きあげた欣次郎と
余り苦労せずここまできた政春とは
違うなと思わせる日だった。

でも一歩前進よかった。
ほっぺにチュー求める欣次郎が最高w

笑いもあって今日は見応えありました。

以上、マッサンの53話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ