マッサン ネタバレ あらすじ 感想 52話 虎穴に入らずんば 水と油とピート臭


Ads by Google


マッサン ネタバレ,あらすじ 52話 虎穴に入らずんば


政春と欣次郎の話し合いが始まり
エリーは部屋の外で待つことに。

1

政春は本題に踏み込めず
何故、ウヰッキーを造ったのか尋ねると
欣次郎はウイスキーを造るための資金集めと
日本人にウイスキーを知ってもらう為と話します。

2

なおも政春が本当にウイスキーを
造る気があるのかと尋ねると
欣次郎は自分の生い立ちを語り始め
出来のいい兄は上の学校に行ったが
自分は薬種問屋に丁稚奉公に出された。

3

ある時からワインやブランデーを
扱うようになり、いつかハイカラな酒を
造ってみたいと思うようになった。
母親だけが「やってみなはれ」と
応援してくれたことを語るのでした。

4

本場に負けないメイドインジャパンの
ウイスキーを造ると話す欣次郎に
政春はスコッチウイスキーを振る舞い
乾杯をする政春と欣次郎。

5

しかし、欣次郎が日本人の口に合うには
ピート臭を抑える必要があると言い出し
政春はピート臭があってこそウイスキーだと譲らず
政春と欣次郎は仲違いするのでした。

6

願い叶わず落胆するエリーは
政春と欣次郎は水と油じゃない
どんなウイスキーを造るかは
会社に入ってから決めれば良かったと
政春を責めるのでした・・・

7

そんな折、ヨシが訪ねてくるのですが
今回は家賃の催促ではなく
野々村家を訪ねるように伝えに来たのでした。

8

家主の野々村茂から住吉学院の化学の先生が
学校を辞めるので高等工業学校を卒業している
政春に月給100円で先生をやってみたらどうかと
提案があり政春の心は揺れ動くのでした。

9

マッサン 感想 52話 虎穴に入らずんば


欣次郎を接待するはずだったのに
なぜか欣次郎を面接する政春w

襖の前に四人揃ったところで
倒すのはお約束ですよね。

日本人好みの味にするって言う
欣次郎の考えは正しいと思います。

政春がエリーに言った
「勝つとか負けるという話ではないんだ」
という言葉は興味深かったです。

以上、マッサンの52話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ