マッサン ネタバレ あらすじ 感想 50話 虎穴に入らずんば エリー欣次郎ブチギレ


Ads by Google


マッサン ネタバレ,あらすじ 50話 虎穴に入らずんば


政春と欣次郎がどうすれば手を取り合えるのか
エリーが家事をしながら考えていると
鴨居商店から使いのものがやって来て
通訳をして欲しいと頼まれます。

1

欣次郎は貿易商のアンドリューに
スコットランド人のウイスキー
技師探しを依頼していたのでした。

2

さっそく、欣次郎はウイスキーの技術者は
見つかったかと尋ねるのですが
アンドリューは残念ながら
1人も見つからなかったと答えるのでした。

3

欣次郎が何故かと尋ねると
スコッチウイスキーはスコットランドで生まれた
スコットランドのお酒で
日本で日本人に造ることは
絶対に不可能だと言います。

4

なおも何故かと尋ねる欣次郎に
文化のレベルが違うと答え
日本は我々西洋に比べて
まだまだ遅れた国と言うのでした。

5

この発言にエリーは黙っていることができず
日本でも本場に負けないウイスキーを造れる
日本と日本人をバカにするなと言い返すのでした。

6

欣次郎は日本人にウイスキーは造れないと言う為に
日本に寄って頂いたことは残念だと伝えると
手仕事の細やかさや奥ゆかしさ
織物や陶器、和菓子に日本料理
世界のどこにも恥じない文化や伝統
もてなしの心がある。

7

日本が遅れてるとすれば日本の素晴らしさを
世界にまだ気づいてもらっていないと話し
何より残念なのはあなたのような無知で
偏った見方しかできない人に
人探しをお願いしてしまった事だと言うと
アンドリューにお引取り願うのでした。

8

アンドリューは去り際に
過去にスコットランドへウイスキーを
学びに来た日本人がいたことを告げ
どうしてもウイスキーを作りたいなら
その男を捜したらどうだと告げるのですが
その男も日本でウイスキーを造っていないから
日本で造ることは不可能だと笑うのでした。

9

アンドリューの最後の言葉が政春のことを
言っていたことに欣次郎が気が付くと
エリーは政春にもう一度チャンスを
与えて欲しいとお願いするのでした。

10

エリーから話を聞いた政春も怒り
必ず日本でウイスキーを造ってみせる
スコットランドよりもうまい
ウイスキーを造ってみせると言うと
エリーは静かに欣次郎にウイスキーを
造らせて欲しいとお願いしようと提案します。

11

なおも渋る政春にエリーは
大将も悔しがってたし私も悔しい。
日本人にウイスキーを造れないと
思われたままでいいのかと尋ねると
政春は葛藤しながらも
エリーの提案を受け入れるのでした。

12

マッサン 感想 50話 虎穴に入らずんば


太陽ワインがまた売れるようになって
住吉酒造も持ち直したのかな?

でも、好子さんの口ぶりからだと
従業員の待遇はいまだ厳しいのかな?

欣次郎を迎える最高のおもてなしだったら
エリーが太陽ワインのポスターの格好して
迎えるのが一番だと思いますw

以上、マッサンの50話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ