マッサン ネタバレ あらすじ 感想 45話 絵に描いた餅 千加子がデレるw


Ads by Google


マッサン ネタバレ,あらすじ 45話 絵に描いた餅


相変わらずいがみ合いながらも
お互いを認め合い始めた感のある政春と俊夫。

1

俊夫は備前米ではなく広島で取れた米で
酒を造る事が自分たちの夢だと話します。

2

一方、繕い物に精を出すエリー。

3

そんな折、政春は早苗と千加子に呼び出され
住吉酒造を辞めた理由や
これからどうするのか聞かれます。

4

外国人の夢なんかもらうから運が悪くなる
エリーは魔女だと言い放つ早苗に
政春はエリーとは一心同体だと反論。

5

その頃、政志の腰は大分良くなっていたが
政志はそのことを隠して俊夫に
政春に蔵の仕事を手伝わせて
もっときつい仕事をさせる様に指示。

6

夜、政春が疲れ果てて寝ている間
エリーは台所で亀山家の味噌汁の味を
覚えようとしていました。

7

エリーの真っ直ぐな思いに心打たれたのか
翌日、千加子はエリーに亀山家の
味噌汁の味を教えるのでした。

8

2人は台所で命の歌であるもと摺りの歌を聞きながら
千加子に宿っている新たな生命の誕生を
心待ちにするのでした。

9

マッサン 感想 45話 絵に描いた餅


政春と俊夫のやり取りは見ていて面白いw

広島の米でお酒を造りたいという俊兄の夢と
日本の麦でウイスキーを造りたいというマッサンの夢
2人は似たもの同士だという事が分かりましたね。

俊夫はブレンダーになるんだろうけど
あのイタタってふすま芸は最後まで続けてもらいたい。

後、千加子が優子化したりと
ヒロインの頑張りで少しずつ周りが変わっていく
朝ドラの王道パターンがいい感じ。

第8週は政春の仕事の面でも
家庭の面でも大事な伏線週だと思います。

酒もドラマも仕込みが大切ですw

以上、マッサンの45話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ