マッサン ネタバレ あらすじ 感想 42話 触らぬ神に祟りなし 政志が危篤

qq1


Ads by Google


マッサン ネタバレ,あらすじ 42話 触らぬ神に祟りなし


野々村家のきずなを取り戻すため
家族全員で由紀子の誕生会を
やろうと決めたエリー。

1

エリーと幸子は張り切って
誕生会の準備を進めるのでした。

2

政春がパンを焼く準備をしていると
ナツと由紀子が訪ねてくるのですが
茂はやはり仕事で東京に行くと言って
参加しないのでした。

3

まだ茂が家にいると聞いて
エリーは野々村家に押しかけると
茂に幸子とナツの事を
一番に考えていると言ったのは
嘘だったのかと問いかけます。

4

家に帰ったエリーは幸子たちが
茂が来ないと落ち込んでいると
エリーはオールドラングサインを歌って
誕生会を盛り上げます。

5

乾杯の後、幸子は意を決して
庭で摘んでおいた花束を由紀子に渡して
初めてお母さんと呼びます。

6

その様子を茂が道端から眺めており
亀山家に招かれた茂と幸子は
今までの事をお互いに謝るのでした。

7

しかし、政春の焼いたパンは焦げてしまい
パン屋としての活動は諦めるのでした。

8

野々村家の家族問題が解決して
政春が親子はパンと酵母みたいなものだと
話していると、広島の実家から
チチ危篤の電報が届くのでした。

9

マッサン 感想 42話 触らぬ神に祟りなし


自分の中で折り合いが付いたのか
意を決した様な感じで
お母さんと呼んで一件落着。

まあ、切欠があれば良かったのかもしれず
エリーの由紀子バースデーパーティー計画は
大正解でグッジョブでしたw

しかし、息つく暇もなく
政春の父親・政志が危篤との知らせが入り
来週も目が離せないですね。

以上、マッサンの42話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ