マッサン ネタバレ あらすじ 感想 40話 触らぬ神に祟りなし 難しい年頃な幸子

qq1


Ads by Google


マッサン ネタバレ,あらすじ 40話 触らぬ神に祟りなし


泣きながら1人で亀山家に現れた幸子。
遅れてナツと由紀子も駆けつけます。

1

理由は由紀子が離縁されるからで
ナツが由美子の誕生日のお祝いを
やろうと提案したところ茂に
もうすぐ母親ではなくなるから
必要ないと言われたからでした。

2

幸子は亀山家に残ることになり
エリーたちに由紀子さんは悪くない
悪いのは母親の事を忘れられない
自分だと打ち明けます。

3

そこへ、茂が迎えに来て
幸子を連れて帰ろうとした為
エリーが応対します。

4

茂は幸子とナツのために
良かれと思って結婚したが
逆に幸子を苦しめる結果になったと語り
引き返すなら今しかないとエリーに打ち明けます。

5

再度、幸子を連れて帰ろうとするのですが
幸子は1人で勝手に何でも決める、
お父さんなんて大嫌いと言うのでした。

6

幸子はしばらく亀山家で預かることになり
明後日に迫った由紀子の誕生日のお祝いを
亀山家で開くことをエリーは提案するのでした。

7

マッサン 感想 40話 触らぬ神に祟りなし


新しい母親を簡単には受け入れられず
勝手に決めた父親にも反抗的な態度をとり
8歳というのは難しい年頃だと思います。

バースデーパーティーを切欠に
良い進展がある事を期待ですね。

以上、マッサンの40話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ