マッサン ネタバレ あらすじ 感想 29話 内助の功 政春が住吉酒造を辞める

qq1


Ads by Google


マッサン ネタバレ,あらすじ 29話 内助の功


田中家を訪れた長五郎と藤岡正太郎から
株主の総意としてウイスキー事業は
承認できないと言われた政春や大作たち。

1

株主を説得したのは正太郎であり
正太郎はウイスキーの魅力は分かったが
仕込んでから5年も掛かるのは
今の住吉酒造の経営状況では
リスクが大きすぎると伝えます。

2

さらに、現実が見えない社員がいる会社に
息子を婿養子として送り出す事はできないと
優子との縁談を解消すると告げるのでした。

3

長五郎は政春に住吉酒造のために
ウイスキー造りを諦めて欲しいと頭を下げます。

4

政春が長五郎の申し出を拒否すると
正太郎に政春が住吉酒造を辞めることが
縁談を進める条件だと言われてしまい
政春は怒りで席を外すのでした。

5

政春がこひのぼりでやけ酒を飲んでいる頃
エリーの元を訪れた優子は今回のことで
娘は親の商売道具だと骨身に染みて分かったと話し

6

政春に自分の事は気にせずに
自分の夢を追いかける様に
伝えてと言って去るのでした。

7

こひのぼりを訪れたキャサリンに
酒に逃げるなと言われて帰宅した政春。

8

エリーから優子が住吉酒造を辞める
必要はないと伝えに来たことを告げますが
優子は次郎と結婚したがっていると話します。

9

政春はワシが間違っているのか
ワシがウイスキーを作りたいと言っているせいで
みんなを振り回して迷惑を掛けていると呟くと

10

エリーはマッサンは間違っていない
私は夢を食べて生きていける
マッサンの夢があれば生きていける
どんなことでも我慢できると励まします。

11

エリーに励まされた政春は泣きじゃぐるのでした。

12

マッサン 感想 29話 内助の功


株主たちから理解を得られたと思っていた
ウイスキー造りでしたが結論は反対。

今の経営状況でリスクを取って
ウイスキー造りを進めるより
会社の立て直しを選択したという
説明は理解できますが・・・

住吉酒造を辞める事になった政春。

史実でも波乱万丈な人生を歩む様で
それもまた見どころだと思います。

以上、マッサンの29話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ