マッサン ネタバレ あらすじ 感想 22話 破れ鍋に綴じ蓋 優子がお見合いを決断

qq1


Ads by Google


マッサン ネタバレ,あらすじ 22話 破れ鍋に綴じ蓋


ワイン爆発事件のとばっちりを受けて
問屋からの返品が相次ぐ太陽ワイン。

1

鴨居商店では太陽ワインを辞めるか
続けるかを巡って役員会議が行われ
政春も会議に参加します。

2

会議が煮詰まる中、欣次郎が政春に発言を求めると
政春は安全と美容と健康に良い
ニュー太陽ワインを作ってはと提案。

3

さらに、政春が世間の見る目を
180度変える必要があると言うと
会議は世の中をあっと言わせる広告を作れば
太陽ワインを見る目も変わるという流れになります。

4

欣次郎は中身を変える必要はないが
広告を作るという提案には賛成し
社員は広告作りを開始するのでした。

5

広告のポスターが出来上がっても
なかなか納得しない欣次郎に
政春は夕食の場で欣次郎はしつこい
自分もいつか大将が思いつかないアイデアを出して
驚かしてやると文句を言いながらも熱く語り始め
エリーはそんな政春をうれしく思うのでした。

6

そんな折、住吉酒造のウイスキー事業への融資を
波華銀行から断られてしまいます。

7

さらに、ブドウ酒爆発事件の影響で
住吉酒造の経営は苦しくなっており
再び田中家を訪れた長五郎は
お見合いを断るという事は
住吉酒造が倒産する事だと
田中家の面々を説得。

8

優子は仕方なくお見合いを受けると承諾し
様子を見ていたエリーは複雑な思いになるのでした。

9

マッサン 感想 22話 破れ鍋に綴じ蓋


クセのある欣次郎に振り回されながらも
欣次郎の結論ありきで社員にやる気を起こさせるため
会議を開く手法や突拍子もないアイデアに
流石の政春も参ったと楽しそうに話し
そんな様子を嬉しいと思うエリー。

そんな中、再び巻き起こった優子のお見合い話。

住吉酒造の経営難を救うため
お見合いを決めた優子。

22話はエリーの喜びと複雑な気持ちの
入り混じりが見どころだと思います。

以上、マッサンの22話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ