マッサン ネタバレ あらすじ 感想 11話 災い転じて福となす やってみなはれキター

qq1


Ads by Google


マッサン ネタバレ,あらすじ 11話 災い転じて福となす


夜、政春とエリーはスコットランドでの
ウィスキー修行や2人の馴れ初め
そして、エリーの母親たちに
結婚を反対された事を思い出します。

1

政春は1人で研究室にいるとエリーがやって来て
自分のせいでマッサンはいつも困っていると
謝りますが政春はエリーは悪くないと笑います。

2

エリーはスコットランドでいっぱい頑張った
政志との約束もあるからウイスキー造りを
諦めるのは駄目だと政春を励ますと
政春は日本でウイスキーを造ってみせる
どんな苦労にも耐えてみせると
前向きに頑張ることを誓うのでした。

3

翌日、鴨居商店に太陽ワインを届けに来た政春は
これから店に出す予定の酒以外の紅茶や歯磨き粉などを見て
酒の問屋のはずだと驚きを隠せません。

4

欣次郎は自分は負けず嫌いだから
舶来のいいものを食ったり使ってみると
自分でも作ってみたいと思うと答えます。

5

早速、欣次郎はこの間の話の続きだと切り出し
ウイスキーの原料である大麦の仕入れを
どうするのか話を始めますが
政春はまだ何も考えておらず
欣次郎の矢継ぎ早の質問に答えられません。

6

突然、欣次郎はやってみなはれと叫ぶと
今できる事を後回しにする人間を見ると
イライラすると話すと政春を残して
さっさと外出してしまうのでした。

7

一方、エリーは優子に代わって
夕食を作ることになるのですが・・・

8

マッサン 感想 11話 災い転じて福となす


エリーの励ましに元気を取り戻した政春は
住吉酒造に残ることを決意しますが
優子のエリーに対する嫌がらせが始まり
ドキドキしながら視聴しています。

一方、欣次郎の「やってみなはれ」の
初ゼリフも聞くことができて
人物像も明らかになり始めましたね。

即決即断即行動をモットーとする
クセのある人間の様ですが
他にも何かありそうな気がします。

以上、マッサンの11話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ