マッサン ネタバレ あらすじ 感想 最終回まで紹介

qq1


Ads by Google



マッサン ネタバレ,あらすじ 最終回までの概略


日本初の国産ウイスキー造りを目指して政春(玉山鉄二)と
エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)が奮闘する物語。

スコットランドで2年間、ウイスキー造りを学んだ
政春が1920(大正9)年5月、妻であるエリーと共に帰国。

しかし、広島の実家では母・早苗(泉ピン子)が
エリーとの結婚を頑なに認めず
大阪の住吉酒造で夢を追い始める。

エリーは日本人の妻らしく政春さんと呼んでいたが
発音しにくいと言うことでマッサンと呼ぶことに。

一方、政春との結婚を親に決められていた
住吉酒造の跡取り娘である優子(相武)は
エリーの存在にショックを受けます。

深く傷ついてエリーに嫌がらせをしますが
次第に友情を深めていきます。

そんな折、新居に引っ越しした政春は
ウイスキー造りに没頭します。

エリーは仕事に夢中の政春に不満を抱いて
夫婦げんかをしながらも
政春の夢を応援するのでした。

そんな折、大阪中の酒屋で
ぶどう酒の瓶が爆発する事件が発生。
鴨居商店の太陽ワインは無事でしたが
返品が相次ぐのでした。

鴨居から太陽ワインの調査を命じられ
政春はウイスキー造りを中断して取り組みます。

ブドウ酒爆発事故をきっかけに
住吉酒造の経営状態が悪化の一途をたどり
ウイスキー造りの継続が難しくなり
正治は必死で予算を見直します。

そんな折、優子に藤岡次郎との
見合い話が舞い込みます。

結婚すれば次郎の父親からの
支援が受けられるため
周囲は大盛り上がりなのですが
エリーは優子の本心に気が付き
優子も自分の気持ちに正直なエリーに影響され
一度は見合いを断りますが
会社の危機を見逃せず
結局、見合いに臨むのでした。

エリーは政春を支えるため
「内助の功」について考えます。

一方、政春はウイスキー事業計画書を
完成させますが、大株主の長五郎が大反対し
株主総会が開かれることに。

政春は株主総会の場でウイスキーを振舞いますが
株主からは良い反応が得られません。

結局、ウイスキー造りを進めるなら
優子のお見合い話は無かった事にされるため
政春は住吉酒造でのウイスキー造りを諦めて退職。

家計は家賃を滞納するほど苦しくなり
キャサリンらがエリーを心配して
世話を焼くものの政春は意地を張る始末。

政春は反対しますが家計のために
エリーは働くことを決断しますが
言葉や文化の壁にぶつかるのでした。

そんな折、家主である野々村の計らいにより
娘たちに英語を教えるという条件で
家賃を持ってもらえることになり
エリーは張り切るのですが・・・

最終回までの詳細は下で紹介している
マッサン,各話,ネタバレあらすじ感想をご覧下さい


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ