アリスの棘 ネタバレ あらすじ 感想 9話 西門が壊れる…


Ads by Google


アリスの棘 ネタバレ,あらすじ,感想 9話


健太の心臓手術が1週間後に行われる事になり
何としても手術を中止させたい明日美。

1

しかし、有馬は明日美に6日後に行われる教授会で
懲戒免職が承認されるはずだと伝えます。

2

明日美と西門は腎臓移植を行うためには
当日に患者から摘出した腎臓が必要と
15年前に鈴が腎臓移植を行った日に
病院で亡くなった患者を調べます。

3

有馬が鈴に初めて腎臓移植を受けた日を尋ねますが
当事、5歳だった鈴は覚えていませんでした。
しかし、桜が綺麗だった事と窓の向こうに
黒い煙が上がっていた事を伝えるのでした。

4

有馬は当時の新聞から火災の情報を調べて
鈴の腎臓移植が行われた日と
有馬の妹である結衣が手術中に亡くなった日が
同じであった事を突き止めます。

5

結衣の腎臓が鈴に移植された事を
DNA検査で証明しようと明日美は
事前検査で採取した鈴の腎臓の組織を
苦労の末、水野から手に入れます。

6

土壇場で明日美に協力した水野。

7

悠真をめぐって仲違いした2人ですが
明日美と有馬の話を立ち聞きした水野。
他人を巻き込んで復讐する事は理解できないが
家族が大事という所に共感して協力したのでした。

8

ついに2人は心から分かり合えた様ですね。

9

証拠を探して有馬を告発しようとする明日美に
西門は医者らしくなったと告げるのでした。

10

しかし、鈴の腎臓の組織が盗まれた事に
気が付いた有馬は健太の容態を急変させます。

1

後は計画通りに手術中の事故に見せかけて
健太を殺害するだけと有馬が手術室に現れますが
そこには、健太もスタッフもいませんでした・・・

2

明日美がスタッフに有馬が15年前に少女から腎臓を奪い取り
この手術でも同じ事をしようと企んでいる事を話し
健太の手術は別の場所で行われていました。

3

明日美は有馬にDNA検査の結果を突きつけて
鈴に結衣の腎臓が移植された事を証明します。

5

有馬は日向と磐台を殺した罪を
明日美にかぶせようとしましたが
手術室でのやり取りは監視カメラを通じて
病院中のモニターで公開されていました。

4

明日美は健太の手術に助手として立ち合い
無事に成功させるのでした。

6

一方、妻と鈴を連れて腎臓移植を行う予定だった
海外の大学に逃亡しようとする有馬を西門が追います。

7

そして、空港のロビーにいた有馬に
西門が刃物を振りかざすのでした・・・

9

次回は最終話となります。
全て綺麗にケリが付くのでしょうか?

8

気になる事と言えば
日向と磐台を殺したのは誰か?
明日美に父親の手術記録を送りつけたのは誰か?

10

後、ドラマ「アリスの棘」が書籍化されますよ。
6/11に前編が発売されるので
じっくり楽しみたい方は購入しましょうw

以上、アリスの棘の9話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ