アリスの棘 ネタバレ あらすじ 感想 最終回10話 黒幕は養父とみなみ?


Ads by Google


アリスの棘 ネタバレ,あらすじ,感想 最終回10話


西門が有馬を見つけた時には
誰かがすでに手を下した後で
体内からは磐台が殺されたのと
同じ毒物が検出されました。

1

磐台や有馬の他にも黒幕がいる事が分かり
リスクを冒してでも移植オペに関わる理由がある
人物が犯人のはずと明日美と西門は予想します。

2

そんな折、明日美は有馬の妻から娘の鈴は養女で
実の父親も医者だった事を聞かされます。

鈴は火事で亡くした実の娘であるみなみ(ミナミ)に
似ている事もあり、養女として迎えたそうです。

3

鈴の実の父親が黒幕であると予想した明日美。

4

星野の協力の元、鈴の病室の入口に設置された
監視カメラを確認すると、病室の前を行き来する
帽子をかぶった1人の怪しい男を見つけます。

5

娘との思い出を利用して帽子の男を誘い出す明日美。

6

病院では誘拐を装いながら
西門が鈴を遊園地に連れて行きます。

7

メリーゴーランドの前に現れた黒幕の正体とは
かつて聖林大学付属病院に勤めていた麻酔医
明日美の養父である和史でした・・・

8

和史は医者の特権を悪用して
許されない罪を犯したと告白します・・・

9

和史からの手紙を読む明日美。

10

有馬に腎臓移植を依頼する代わりに
鈴を養子に出したこと、
西門の妹から腎臓を奪うオペや
事実を知った明日美の父親のオペに
加担させられたこと、
罪の意識に耐えかねて明日美に父親の
手術看護記録を送ったのは自分であること、
再度、腎臓移植が必要と聞いて
これ以上罪を犯すことはできないと
磐台や有馬を殺したこと、
明日美の笑顔を取り戻すことが
自分の生きがいになったこと

1

明日美が気を失っている間に
和史は西門に明日美が生活していた養護施設に
連れて来られてガソリンをかけられます。

2

西門は和史を殺すつもりでしたが
最期まで明日美を気づかう和史の言葉を聞いて
明日美は復讐を辞めるのでした・・・

3

和史は明日美に別れを告げて自首します。

4

鈴は透析の専門機関に転院する事になりました。

6

明日美は悠真の意志を引き継ぐ形で
巡回医療の医師を目指します。

5

父親に胸を張れる医師を目指すと
明日美は笑顔で決意するのでした。

7

復讐劇は綺麗にケリが付きましたし
明日はきっといい日になるでしょう。

q

以上、アリスの棘の最終回10話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ