まれ ネタバレ あらすじ 感想 8話 告白シュークリーム 希v.s.圭太


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 8話 告白シュークリーム


希と入れ違いで金沢に転校した圭太が
希達と同じ高校に戻ってきました。

1

しかし、せっかく再会できても
もうすぐ卒業して離れ離れになると
残念がるみのり。

2

希は思い出作りのために
何かしようと提案するのでした。

3

1人神社で祈る藍子・・・

4

夜、明日の集まりのために
シュークリームを作る希。

5

高校生活の思い出に圭太の祖父の家にある
使ってない切子を輪島の祭りで担ぐことに。

6

翌日、元治も一緒に祖父の家を訪ねると
圭太の祖父である弥太郎が出迎えますが
会うなり2人は口喧嘩を始める有り様。

5

はる曰く、何でも元治と弥太郎は
文を巡って争った仲だとか・・・

8

希が弥太郎の家に置いてある
沢山の輪島塗の食器を見て驚いてると
圭太は弥太郎が塗師屋だと教えます。

9

圭太が輪島の漆塗りについて説明すると
こんなに地道にコツコツ作っているのに
値段のことばかり気にして悪かったと
感動して涙する希なのでした。

10

一方、神社に寄ろうとする藍子に
文は徹への態度をはっきりさせるべきだと忠告。

11

神社に向かった藍子の後には
徹の姿があるのでした・・・

12

シュークリームを食べながら
かつてはケーキ職人になる夢があったと
仲間に話し始める希。

13

しかし、夢に人生をかけるのは御免。
人生は地道にコツコツ安定が一番と話す希に
圭太は保険ばっかの人生で楽しいかと一言。

14

2人が口げんかを始めると
一子が金沢でスカウトされたと言って
飛び込んでくるのでした。

15

まれ 感想 8話 告白シュークリーム


圭太は口が悪い気がしますね。
地道にコツコツだっていいじゃないw

まれも周りに一生懸命頑張ってる
職人さん達がたくさんいるのに
はじめから夢を否定するのも寂しい・・・

徹の登場シーンがホラーで笑った
絶対に失敗して戻って来てるよね?

後、文さんのキャラが好きになってしまったw


以上、まれの8話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ