まれ ネタバレ あらすじ 感想 55話 逆転一発パンケーキ 大悟の店がピンチ


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 55話 逆転一発パンケーキ


覚悟を決めて横浜に戻ってきた希。

1

しかし、マ・シェリ・シュ・シュは閉店しており
突然、中から信用金庫の人間が出てきます。

2

大悟や美南、陶子や和也が後を追うものの
これ以上融資はできないと断られていました。

3

天中殺で陶子と和也から事情を聴きます。

4

クリスマスケーキが大赤字だった為
お金がなくなり材料を仕入れられず閉店。

5

希がもう1回テストしてもらいに
戻ってきたことを告げますが
輪子からも他を探してと言われます。

6

今回ばかりは追加融資も限界のはず
担保も足りなくなっているはず。

7

この店とアパートも抵当に入っていると・・

8

電話で藍子に事情を伝える希。

9

藍子の方はみのり達がお昼を食べに来て
寂しい様子はないみたいで安心する希。

10

明日、一子も大阪に出発するとの事。

11

はるに髪を切ってもらう一子と
寂しそうな浩一とはる

12

そして、洋一郎・・・

13

圭太は弥太郎にハゲた漆製品の修理を
聞いて回りたいと提案するのでした。

14

夜、マ・シェリ・シュ・シュに
明かりがともっており
明日の仕込みかと尋ねる希に
じっとしていられないから
古い材料で試作をしていると陶子。

15

和也から新人の仕事はメレンゲ立てと聞いて
陶子よりもうまくできる自信があると希。

16

メレンゲ早仕立て対決をするものの惨敗・・

17

今の状態の店にいても邪魔になるだけ
さっさとよそへ行けと冷たくあしらう陶子。

18

希が気落ちして天中殺に戻ると
徹が希を訪ねてきていました。

19

輪子にでっかい夢を占ってもらう徹・・

20

大悟が浮かない顔でやって来て
銀行はどこも門前払いだったと美南。

21

すると、希がお世話になっているから
力を貸ましょうと徹が大悟に言い寄るのでした。

22

まれ 感想 55話 逆転一発パンケーキ


気分で閉店を繰り返して顧客をないがしろにして
好きなケーキだけ作ってたら経営も行き詰まるわ

「怒りで手が震えてきた」良く分かりますw

一子とはるの髪を切りながらの会話が良かった。
「いつのまにかこんな娘さんになって」


以上、まれの55話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ