まれ ネタバレ あらすじ 感想 47話 危機的クリスマスケーキ 能登大納言と元治塩


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 47話 危機的クリスマスケーキ


希のルセットが完成して
いよいよ大悟による審査が始まります。

1

最初に陶子が作ったケーキを食べた大悟は
ありきたりだが味はまあまあと評価します。

2

次に希のケーキの番ですが
陶子からルセットを考えるなと言われていた為
和也が作った事にします。

3

客の家族構成を聞いてケーキの上に
菓子人形を置くという話を聞いて
子供だましたと憤慨する大悟。

4

立ち去ろうとする大悟に
無理やりケーキを押し込む希。

5

まずいと言いながらも
素材は何かと聞く大悟に
能登大納言と元治の塩だと説明。

6

能登大納言と元治の塩を味わった後
再びケーキを食べた大悟は
素材の味を殺している
自分が作ると言うのでした。

7

かくして大悟の手により希のケーキは
洗練されたケーキへと生まれ変わり
今年のマ・シェリ・シュ・シュの
クリスマスケーキに決まるのでした。

8

クリスマスまで後1週間しかなく
必死にケーキを作るスタッフたち。

9

能登からも能登大納言や
元治の塩などが届けられます。

10

徹夜作業が続きながら
ようやくケーキの準備を終えるのでした。

11

クリスマスイブ当日
マ・シェリ・シュ・シュは大賑わいで
クリスマスケーキも大好評。

12

お客の笑顔を見た希は
幸せを運ぶケーキを作りたいという
思いを強くするのでした。

13

閉店後、美南が希に連れられて
暗い店の中を歩いていると
突然、明るくなり目の前にケーキが。

14

ケーキの上には大悟、輪子、大輔
そして、美南の菓子人形が飾られており
スタッフ全員でクリスマスを祝い
感激する美南なのでした。

15

まれ 感想 47話 危機的クリスマスケーキ


クリスマスケーキに小豆って合うのかな?
デカい菓子も取らないと食べられないねw

やっぱり希のケーキは不味かったかw
作っている様子は美味しそうに見えなかったし・・・

希には技術は無いけどアイデアがあるという事ですかね。


以上、まれの47話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ