まれ ネタバレ あらすじ 感想 46話 危機的クリスマスケーキ またもや能登ケーキ


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 46話 危機的クリスマスケーキ


必死にルセットを考える希。

1

しかし、和也に見せると根本的に違うと
だめ出しをされてしまうのでした。

2

何でも大悟が作るケーキは
伝統的なフランス菓子で
希が提案したショートケーキは
日本人向けにアレンジされたものだと。

3

和也がルセットの件を
告白しようとするのですが
人の話を聞かない希の熱意に押されて
一緒にルセットを考えることに。

4

一方、希のキス事件の気分転換に再び始めた
能登フレンチレストラン計画にのめり込む徹。

5

こそこそやらなくていいと藍子。

6

徹は考えてるだけで
これからは希が夢を追う番
自分は地道にコツコツ働くと話すと
自分に言い聞かせてるようだと藍子。

7

良いアイデアが思いつかない希に
大悟が気に入るルセットを
考えるなんて無理だと和也。

8

大悟はこの世界では有名な
フランス帰りの巨匠と聞かされ
改めて驚く希なのでした。

9

考えに煮詰まった希が港に足を運ぶと
夜釣り帰りの大輔と遭遇します。

10

クリスマスケーキのルセットを
考えていると話をすると
うまいケーキなんて沢山あるのに
何故、君が作るのかと大輔。

11

大輔は希からお菓子ノートを
取り上げて眺めると君のケーキは
能登の暮らしから生まれたんだねと話します。

12

大輔の一言からヒントを得て
天中殺の厨房で能登の食材を使った
ケーキを試作する希と見学する大輔。

13

人生もっとまじめに考えた方がいいよ
地道にコツコツ目標を持って生きないとと
話す希にそういう男が好きなのかと大輔。

14

圭太の事を聞かれた希は
日本一日本一と暑苦しい男だけど
夢を思い出させてくれたと話すと
大輔はまだ彼のことが好きなのかと尋ねます。

15

明け方、ケーキを完成させる希なのでした。

16

まれ 感想 46話 危機的クリスマスケーキ


大輔は希にまとわり過ぎで
気があるのが分かり過ぎw

経験の無い希は能登ケーキが関の山?

明日は希のケーキを食べた大悟が
「こんな不味いケーキを俺様に食わせるな」と
キレて怒るのでしょうか?

以上、まれの46話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ