まれ ネタバレ あらすじ 感想 38話 横浜激辛プチガトー 横浜に旅立つ希


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 38話 横浜激辛プチガトー


出発の日、はるたち近所の人たちに
盛大な送迎会を開いてもらう希。

0

1

みのりから高志が横浜で
アルバイトをしているからと聞き
住所を教えてもらうのでした。

2

地元での結婚を望んでいる
自分の代わりに希と一子には
外を見てきて欲しいと話すみのりに
オーディション落ちたけどまた頑張ると一子。

3

帰り道、送別会に来なかった
圭太が追いかけてきて
初めての作品だと言って
希に輪島塗りの箸を手渡します。

4

希はお礼を言いながらも
これからケーキを沢山作るから
フォークにして欲しかったと一言w

5

今まで暮らしてきた部屋を眺めて感傷に浸る希。

6

みんなに別れの挨拶をしようとすると
足早に席を立つ元治と文。

7

徹に藍子と一徹のことをよろしく頼むと希。

8

世界中が希の敵になっても
自分は希の見方だと徹。

9

希に塩を持たせる元治。

10

文は藍子には止められていたが
自分たちはここにいるから
いつでも帰ってくりゃいいと
希を送り出します。

11

希は徹と藍子と一徹に見送られながら
横浜へ旅立つのでした。

12

まれ 感想 38話 横浜激辛プチガトー


また浜辺で相撲するのかと思ったよw

徹と文のシーンでちょっと感動。

13

文の軽トラで輪島まで送らなかったのは
バスの見送りシーンを入れたかった?

希がホウキを背負っていたのは
魔女姫にかけているからでしょうねw

14


以上、まれの38話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ