まれ ネタバレ あらすじ 感想 37話 横浜激辛プチガトー 希が市役所を辞める


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 37話 横浜激辛プチガトー


パティシエを目指すことにした希。

1

パティシエの技術を習得するためには
個人の店で働くのが一番との
幸枝のアドバイスに従うことに。

2

博之にパティシエになるから
市役所を辞めると伝える希。

3

希の周りを歩き回る博之を見て
怒っている証拠だと徹に教えるキミ子。

4

応援したいと言っていたのに
数ヶ月で辞めるような無責任な人間に
何ができると希を叱責する博之。

5

博之は希を庇いに入った徹を指して
でっかい夢を追っている男が何故ここにいる?
蛙の子は蛙だと言い放つのでした。

6

ここで夢を応援してくれる人の
気持ちを知ったから目的に向かって頑張れる。
世界一のパティシエになって恩返しすると
博之に告げる希なのでした・・・

7

圭太を除いた幼なじみが集まり
希の決断を祝ってくれますが
遊びに行きたいからという理由で
フランスで修行する事を希望する面々。

8

電話で圭太に報告する希ですが
圭太の一言がきっかけになり
修行先を決めるのですが・・・

9

自分の原点は魔女姫ケーキだと
徹がケーキを買ってきてくれた店で
働くことにしたと家族に話す希。

10

しかし、どこで買ったか
はっきりと覚えていない徹。

11

藍子のアドバイスを頼りに
その店は横浜にあるシェ・ミシマで
あることを突き止めるのでした。

12

まれ 感想 37話 横浜激辛プチガトー


地道にコツコツから
役所辞めてから就職先を探す希。

徹と幸枝の血が爆発して
夢追い状態の希なのでしょう。

博之も怒っているのは分かるが
娘の前で徹を否定するとはキツイ。

思い出の店で働きたいと
なんか安易な気もしますが・・・


以上、まれの37話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ