まれ ネタバレ あらすじ 感想 36話 母娘キャロットケーキ 希パティシエへの決意


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 36話 母娘キャロットケーキ


結婚20周年パーティーが終わり
徹が幸枝は体調が悪いのではと話していると
幸枝が夫のジュリアンと戻ってきました。

1

ジュリアンを迎えに行ったけど
飛行機が遅れて遅くなったと言い訳。

2

幸枝は藍子に後で読んで欲しいと言って
手紙を渡します。

3

手紙には35年分の言い訳がつづられており
幼い藍子と別れる時は本当に辛かったことや
藍子を産んで本当に良かったと
幸枝の本心が書かれているのした。

4

希のお菓子ノートに描かれていた
魔女姫人形の絵を見ながら
幸枝は希に語ります。

5

自分が能登に来たくなったのは
道に迷っている希を助けるため
キッチンウィッチに呼ばれたからだと。

6

幸枝が失くしたキッチンウィッチは
日本に渡り徹に魔女姫人形として
買われていたのでした。

7

実は幸枝はパティシエとしての
自信をなくして店を畳んだのですが
もう一度フランスに戻ってやり直すと。

8

キッチンウィッチと再会した幸枝・・・

9

親子の絆を確かめ合う藍子と幸枝・・・

10

藍子を呼び出した希は
自分の気持ちを伝えます。

11

応援より自分でやりたくなった。
誰かの記憶に残るようなケーキを
作りたくなったと・・・

12

そんな希に藍子は行っといでと
言って送り出すのでした。

13

まれ 感想 36話 母娘キャロットケーキ


藍子との再会は淡々としてたのに
キッチンウィッチとの再会は感極まってた幸枝w

魔女姫人形がホントに幸枝のキッチンウィッチだとは
なんという奇跡なのでしょうw

希は海を越えてやってきた魔女に
パティシエの呪いをかけられたのだと思いますw


以上、まれの36話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ