まれ ネタバレ あらすじ 感想 3話 魔女姫バースデーケーキ ナレーションは魔女姫


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 3話 魔女姫バースデーケーキ


今日も一子から偽物扱いされる希。

1

みのりは一子が東京に憧れていて
東京の事になるとおかしくなると事情を説明。

2

昨日、相撲を取った、みのり、一子
圭太、洋一郎、高志は
幼稚園の時から同級生だと
みのりは希に教えます。

3

そんなグループに今更入っていけるのかと
不安になる希でしたが
今は自分のことより家族のことが大事。

4

酢の物が苦手な希でしたが
文が作ったおかずを美味しいと
残さず食べて健気に気を使いますが
文や藍子は気づいていたのでした。

5

希が元治の薪割りを手伝っている時
元治に名前を聞かれた希。

6

希望の希と書いてまれだと教えると
元治は夢と希望を意味する
良い名前だと言いますが
希はあまり好きじゃないと答えます。

7

元治から将来の夢について聞かれ
希はないと答えるのですが
昔、家族が幸せだった頃
バースデーケーキが大好きだった希は

8

徹たちに喜んでもらうためケーキを作り始め
将来はケーキ屋になりたかったのでした。

8-1

しかし、徹が職を転々とするたび
普通の家族は遠のいていき
希はケーキを作らなくなったのでした。

9

希に嫌いと言われて余程ショックだったのか
徹は家族の前で今までの事を反省して
これからは頑張ると誓うのですが。

10

今度こそひと山当てるとの徹に
そっちなのと家族に突っ込まれて
コツコツ頑張って働くと言い直します。

11

必死に頭を下げる徹を見て
希は能登で普通の家族に
戻れるかもと期待するのでした。

12

まれ 感想 3話 魔女姫バースデーケーキ


大人の顔色うかがって媚び売る希。

ちょっと可哀想かも・・・

きっと子供は不安でしかたないだろうなと
思いながら視聴しています。

健気に頑張る現実的な少女という設定が
松田洋子のマンガっぽいですよねw

ナレーションはケーキの上に乗っかってた
人形(魔女姫)だそうです。

以上、まれの3話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ