まれ ネタバレ あらすじ 感想 21話 さよなら桜もち 津村家が引っ越し


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 21話 さよなら桜もち


夕食時、文の作った食事を褒めて
御機嫌を取る友美と麻美。

1

その様子を見て苛立ちを隠せない希と藍子。

2

希が我慢できないと言って
友美と麻美がきっとダサいと言っていた
輪島高校の制服を着て
しおり達の所に文句を言いに行こうとすると
しおりが津村家を尋ねてきます。

3

しおりは津村家の同居が年老いた元治や文の
負担になっているのではと話を切り出します。

4

ついに藍子は我慢できなくなり
住んじゃえばこっちのものなのに
私たちがいたら邪魔ですよねと
先程聞いた会話の内容をバラします。

5

話を聞かれていた事をしるや開き直り
うまくいかないのは中途半端に津村家が
居座っているからだと罵っていると
騒ぎを聞きつけた哲也や文が
駆けつけるのでした。

6

哲也に文句を言うしおりや娘たちの
様子を見た文はもういいと言い残し
その場を立ち去るのでした。

7

深夜、藍子は大声出してひどいことした
息子夫婦が戻ってくる以上
ここを出て行くべきかもと呟きます。

8

希は元治や文を残して行けないと言うのですが・・・

9

翌日、ミズハの個人コンサート開催について
希が輪島市として協力出来ないか悩んでいると
掃除のおばさんことキミ子が
春まつりのイベントの1つとして
コンサートを加えたらと助言。

10

ミズハは任せると了解するものの
全ての段取りを希に押し付け
さらに聴衆に振る舞う桜餅の準備を
個人的に手伝う羽目に。

11

哲也たちが東京に帰った夜
希が桜餅を作っていると
元治と文が哲也たち家族の
写真を見ていました。

12

友美と麻美にあんなことを
言わせてしまったと
後悔する文の様子を見て
希は桶作家を引っ越すべきと
徹、藍子、一徹に話すのでした。

13

まれ 感想 21話 さよなら桜もち


しおりに遠回しに出て行けと言われて逆上できる津村家。
まあ、家賃払ってるしねw

津村家より哲也一家の今後が気になります。

そして、希に無理難題を押し付けるミズハ。
「役所の仕事としてではなく、個人として手伝ってくれ」とか
本当に能登の人が見返りなしで
隣人に親切にするのか試しているのでしょうか?


以上、まれの21話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ