まれ ネタバレ あらすじ 感想 18話 卒業ロールケーキ 希振られる


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 18話 卒業ロールケーキ


6年間留守にしたこと
自分が根性なしだと土下座して詫びる徹。

1

藍子はもう一度家族になりましょう
私たちを笑顔にしてくださいと徹を許すのでした。

2

2002年3月

圭太は高校を卒業するという約束で
弥太郎のもとで輪島塗りの修行中。

3

一子は東京のオーディションに落ちたが
諦めることなくチャンスを狙います。

4

洋一郎は慎一郎のもとで漁師の修行中。

5

みのりは地元の農協に就職が決まり

6

高志は東京の大学に通いながら
ロックミュージシャンを目指します。

7

そして希は輪島市役所に就職することに。

8

圭太を呼び出して希は
市役所で働くことを伝え
コンテストに落ちて悔しい思いをしたこと
その後、圭太から輪島塗りの話を聞かされ
夢っていいなと思ったが
徹がだめすぎて藍子を置いていけない
夢より家族が大事だと。

9

それでも圭太のことは応援したい
圭太の気持ちが変わっていなかったらと
希が言いかけた時、一子が登場。

10

一子は希に圭太とつき合ってると告白
2人はその場を後にするのでした。

11

希は振られてしまいました・・・

12

夜、藍子に6年間寂しくなかたのは
藍子がいてくれたからだと
改めて感謝を伝える希。

13

そして、魔女姫人形を箱にしまい
自分の夢を封印するのでした・・・

14

4月、輪島市役所の職員になった希ですが
何と上司は圭太の父親である博之。

15

徹も清掃員として働き始めるのですが
勤務先は希が務める市役所なのでした。

16

まれ 感想 18話 卒業ロールケーキ


希の圭太への返事が遅すぎ!

圭太は気持ちを切り替えて
一子と付き合っていたw
告白したのはどっちかな?

高志がミュージシャンって
イメージ違い過ぎでしょw

そんなこんなで
希たちの社会人編がスタートですね。


以上、まれの18話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ