まれ ネタバレ あらすじ 感想 16話 卒業ロールケーキ 貧乏臭いケーキ


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 16話 卒業ロールケーキ


ロールケーキ甲子園が始まり
参加者がケーキ作りに取り掛かります。

1

希が考えたのは貧乏な家の母親が
材料を工夫して作る
節約とおいしさを両立させたケーキ。

2

希は「幸せ貧乏家族」なる
ケーキを完成させるのでした。

3

このコンテストは
有名なお菓子会社が主催しており
審査員も有名なケーキ職人だとの事。

4

自分のロールケーキに自身があった希
しかし、3位入賞も果たせませんでした・・・

5

希がロビーで落ち込んでいると審査員の1人である
有名パティシエ池畑大悟を見かけます。

6

後を追いかけて自分のケーキの感想を
尋ねますが貧乏臭いケーキだと一言。

7

希はなおも食い下がり
ケーキ職人になる見込みがあるか尋ねます。

8

大悟は立ち止まって
修行を重ねて見えてくるものがある。
そこを飛び越えて見込みがあるかどうか
聞いてくるやつには見込みなどないと
言い放つのでした。

9

笑顔が見たければ家族や友人に
作ってやれと言われ悔しい思いをした希。

10

輪島高校で一子と待ち合わせをしていると
圭太が忘れ物を取りに現れます。

11

結果を聞かれた圭太に
ボロクソだったと答える希。

12

圭太は焼き物は嘘をつかないが漆は嘘をつく。
特に重ね塗りをする輪島塗は騙そう思えば騙せる。
だから、余計騙したらいけないと
昔、弥太郎に言われて
輪島塗に興味を持ったと話すのでした。

13

その後、一子が東京から帰ってきて
オーディションを頑張ったと泣き崩れます。

14

夜になって希が帰宅すると
突然、藍子が嘘をついて
どこに行っていたと
希をビンタするのでした。

15

まれ 感想 16話 卒業ロールケーキ


ケーキ職人はそれこそ地道にコツコツの世界かな
横浜編が楽しみですねw

ケーキ職人になれる目があるか腕試しのつもりが
その発想が甘いとボロカスに言われた希。

ケーキは甘いけど
世の中そんなに甘くないですよね・・・

以上、まれの16話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ