まれ ネタバレ あらすじ 感想 13話 告白シュークリーム 夢アレルギーな希


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 13話 告白シュークリーム


2学期になり、学校に行くのが憂鬱な希は
朝の村内放送にも元気がありません。

1

漆に人生掛けると聞いて蕁麻疹が出た希は
圭太と会うのが気まずいのでした。

2

希が圭太に告白された事は
みのりや一子はもちろんのこと
村中の話題となっていたのでした。

3

はるも浩一と一緒になったのは
切子を担ぐ姿に惚れたと言い
祭りには魔物がいる
一生の不覚とボヤく始末。

4

マキに至っては祭りの度に男を作っては
すぐに別れるとか・・・

5

一方、振られて落ち込む圭太は
夢アレルギーの希に自分の夢を語るからだと
男たちに慰められるのでした。

6

そもそも夢とはコツコツ頑張るもの
だけど、うまくいかない場合
頑張っているからといって
夢を追い続けてもいのかと
文から言われて悩む希。

7

だから理屈で考えるなと言うと
突然、圭太の事をどう思ってるかと問う文。

8

希が圭太について話し始めるのですが
会話は町内に中継されていたのでした。

9

話を聞かれて希が落ち込んでいると
一子をスカウトした人物が
詐欺容疑で逮捕されたとの知らせが!

10

まれ 感想 13話 告白シュークリーム


漆でかぶれて蕁麻疹でたのかと思った。
夢アレルギーだったんですねw

しかし、高校生の恋愛で賭けとは平和ですね。
輪島のネットワークは笑った。

だんだん悪ノリがエスカレートする文。
一子は東京行く前に分かって良かった。

「地道にコツコツやる夢もある。夢はそういうもの」
当たり前のことを文が言ってくれて良かった。


以上、まれの13話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ